「映画」にまつわる記事

映画「昼顔」のスペシャル動画が公開されたよ! 2人の背景を知れるドラマのダイジェストや映画予告など盛りだくさんです

以前 Pouch で映画『昼顔』の切なすぎる第1弾予告映像を紹介しましたが、ひょっとするとドラマ版を知らない方にとっては、少々の物足りなさがあったかもしれません。

そんなみなさんに朗報がありまーす! 2017年4月19日、ドラマ版のダイジェストがついたスペシャル予告映像がYouTubeで公開されたんですよ~!

→ 続きを読む

きっかけは「フチ」つながり!? コップのフチ子が映画『スウィート17モンスター』とコラボして、4体だけの超限定フチ子が登場

4月22日より日本で公開される映画『スウィート17モンスター』。これを記念して「コップのフチ子」史上初、映画とのコラボレーションが実現しちゃいました!

これを記念して4体限定で製作されたのが「コップのフチ子 『スウィート 17モンスター』バージョン」、その名も「The Edge of Seventeenのフチ子」。これ、劇中で主人公のネイディーンが着ていた服装そのままのフチ子フィギュアなんです。

でも、そもそもなぜフチ子と『スウィート17モンスター』がコラボすることに? その答えは「フチ」つながりだから! ……一体どういうことなんでしょうか。

→ 続きを読む

【ネタバレ注意】話題作『キングコング』は日本へのオマージュを随所に感じられる大迫力映画 / BL要素にキングコングの萌え要素など盛りだくさんだよぉー!

2017年3月25日に日本公開された映画『キングコング:髑髏島の巨神』が面白すぎる。ただただ、楽しい……!!

映画ファンの友人から興奮気味に感想を聞かされ、いてもたってもいられなくなったわたしは、迷わず映画館へ直行しました。『ラ・ラ・ランド』『モアナと伝説の海』などなど、ほかにも観たい映画がたっくさんあったけれど、そんなに熱っぽく語られちゃあ優先せずにはいられないっ。とはいえぶっちゃけ、わたし怪獣映画にそこまで興味はないのだけれども、ね。

そんなわけで期待半分、「失敗してもそれはそれでいいや~」という気持ち半分で、『キングコング:髑髏島の巨神』に臨んだのですが、正直な感想はズバリ「なにこれ、めっちゃめちゃ面白いじゃん!!!!!」

「すごーい!」「でかーい!」「やさしーい!」「こわーい!」といった具合に、口から出てくる感想はどれも幼子レベル。わたしの語彙力をほぼゼロまでもっていった『キングコング:髑髏島の巨神』の魅力、細部に隠されたこだわりを語りたいと思いますっ。

ここから先はネタバレありなので、ご注意くださいね!

→ 続きを読む

「菅田将暉の犬になる」バイトだと!? 応募資格は “忠誠を誓い、なんでもできる方” だそうです

現在アルバイトを探しているというみなさまに、朗報です。「an超バイト」が日給5万円で募集をかけているのは、今をときめく若手俳優・菅田将暉さんの犬になるというアルバイト……!

こんなバイトは類を見ませんし、なにより菅田さんのファンならば願ったり叶ったり。だけど……菅田さんの “犬” になるって、一体ぜんたいどういうことなんですかね。「an超バイト」さん、どうか詳しい業務内容を教えてくださーーーい!!

→ 続きを読む

映画『塔の上のラプンツェル』の制作ウラ話 / 大泥棒のフリンが超イケメンなのは女性スタッフの「イケメン愛」から生まれたんだよ!

2017年3月10日、日本テレビ系「金曜ロードショー」で、ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』が放送されました。

ヒロインのラプンツェルの魅力もさることながら、注目したいのはラプンツェルの相手役、大泥棒のフリン・ライダー。その特徴は「あごひげ」「ワイルド」「泥棒」という具合で、ディズニー映画のヒーローとは到底思えないものばかりなのですが、なんてったって彼はとびっきりのイケメン!

なんでもフリンは、ディズニー史上最もハンサムで魅力的なキャラクターらしく、誕生するまでに相当な苦労があったらしいんですよね。

→ 続きを読む

「きかんしゃトーマス」のゴードンがめちゃナウい感じになってる!!  流線型のボディで名前も「シューティング・スター」に

イギリス生まれの「きかんしゃトーマス」は、日本でも人気の子ども向けテレビ番組です。主人公のトーマスをはじめ、個性的な機関車たちが繰り広げるさまざまなお話、どれも魅力的ですヨネ!

その登場人物の一人(?)、ゴードンがTwitter上で話題になっています。何があったのか不思議なほど、めちゃめちゃナウい感じになっているのです!

→ 続きを読む

【一体何が!?】映画『めがみさま』の松井玲奈が「完全に誰かわからない」と話題に → なぜか2日後にメインビジュアルが変更…

2017年6月10日より劇場公開される映画『めがみさま』のメインビジュアルが、3月4日にお目見えしました。ローカル地域を発信地として公開される作品を生み出すMシネマが制作するという、この映画。

元SKE48の松井玲奈さん、モデルや女優として活躍する新川優愛さんのW主演ということで、さぞかしキラキラオーラが溢れているのだろうと思いきや……あれれ? 新川さんはいるのに、松井さんの姿が見当たらないんですけども!?

→ 続きを読む

【超楽しそう】映画の名場面を全力で再現する家族写真が秀逸! ゴーストバスターズにターミネーターにマッドマックスも!

ちょっと照れくさいけど、大人になって見返してみると、撮っておいてよかったなあと思うのが家族写真。でも家族写真というと、ちょっとあらたまった服装とぎこちない笑顔で、家族が横一列に並ぶ……というのを思い浮かべると思います。

今回紹介するのは、そんなイメージをくつがえす、一風変わった家族写真。なんと、家族で映画の名場面を再現しているのですが、これがめちゃくちゃ楽しそう!

→ 続きを読む

【誰か助けてやれよ】ビルから飛び降りたトム・クルーズが色々な映画の中を落ち続ける動画 / ハリーポッターもアベンジャーズもただ見てるだけ

2001年公開された映画『バニラ・スカイ』は、トム・クルーズさん主演のミステリアスな映画。

お金もあって文句なしのイケメンという、いわゆる “リア充” な男・デヴィッド(トム・クルーズさん)は、ある日女性の嫉妬によって交通事故に巻き込まれてしまいます。自慢の顔も無残になり、会社も乗っ取られ、自暴自棄になったデヴィッドは夢とも現実ともわからぬ日々を送り、やがて自らの意思でビルから飛び降りてしまうのですが……。

この、エンディングに流れる印象的な「飛び降り」シーンのパロディ動画がYouTubeに投稿されていました。ひたすらトム・クルーズが落ち続けていくのですが、いろんな有名映画のシーンとマッシュアップされててなんだかシュール!

→ 続きを読む

名作へのオマージュシーンがたっくさん! 映画『シュレック』シリーズと元ネタ映画を比較した映像が興味深い

ドリーム・ワークスが生んだ名作アニメーション『シュレック』シリーズには、名画へのオマージュがたくさん盛り込まれている。そのことを証明してくれたのは、ボラ・バロッソ(Bora Barroso)さんによって動画サイト「Vimeo」へ投稿された映像作品です。

画面に向かって左側が『シュレック』のシーン、右側が元ネタとなっているであろう映画。双方を見比べると明らかに似通っていて、「まさかあの映画を!?」と驚愕し感心してしまうこと必至なんですよぉ!

→ 続きを読む

映画賞総なめの話題作『この世界の片隅に』の特別映像が公開!! すずさんの「ありがとう」にジーン…ときます

映画『この世界の片隅に』の驚異的な快進撃は、各メディアの報道を通じて、みなさんもご存じのとおり。受賞した映画賞も数多く、上映館も続々増えており、この作品の大ファンである私はただただ嬉しいかぎりです。

2017年2月2日(木)YouTubeで公開されたのは、主人公・すずさんがファンに対して語りかける動画『すずさんのありがとう』。

『この世界の片隅に』 観客動員数が130万人を超えたということで、すずさんによって語られる感謝の気持ち。声優を務めた女優・のんさんの語り口は、ほんわかしていて優しくて、そしてとーっても可愛くて、心にじんわり染みてきます。すずさんが話していると思うと、自然と涙が出てきちゃう。

→ 続きを読む

平井堅はアニメになっても男前っ! ドラえもんの主題歌『僕の心をつくってよ』のジャケット写真が公開されました☆

平井堅さんのオフィシャルホームページとフェイスブックに、2017年3月1日発売のニューシングル『僕の心をつくってよ』のジャケットがお目見えしました。この曲は3月4日に公開される『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の主題歌なのだそうです。

期間限定生産盤のジャケットにはアニメ風に描かれた平井さんがドラえもんやのび太と一緒に登場しているのですが、たっぷりたくわえられたヒゲといい、凛々しい眉といい、なんだかめっちゃ強そうっ!

映画の舞台となった南極の氷をも溶かしてしまうのではないかと思うほどに、目力もすさまじいのであります。

→ 続きを読む

映画『美女と野獣』が 不思議な“動くポスター”を公開♪ ベルとビーストのほか、召使いたちも登場しています

全米では2017年3月17日、日本では4月21日に公開予定の映画『美女と野獣』が、公式フェイスブックで “動くポスター” を公開しています。

これまでポスターやトレイラー映像はすでに発表されていましたが、動くポスターというのは新しいっ! 映画『ハリー・ポッター』シリーズ劇中に出てくる “動く絵” を思わせる演出に、胸が高鳴ること必至です♪

→ 続きを読む

映画「昼顔」の予告映像がすでにヤバい!! バスの窓を息で曇らせて会話する二人…って切なすぎて鼻血出そう!!!!!

2014年にフジテレビで放送されて、一大ブームを巻き起こした「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」。上戸彩さんが演じる主婦・紗和と、斎藤工さんが演じる高校教師・北野の不倫関係を描き、世の女性たちを脳内セクシーパラダイスへと導きました。

6月10日、この続編となる映画「昼顔」が公開されます。それに向けて、公式サイト、ポスタービジュアル、さらに特報映像が公開されたのだけれど……うっわあああ、期待が高まる!!!

→ 続きを読む

「君の名は。」の “ティアマト彗星” がピアス&イヤリングになったよ! 耳元でブルーとピンクの彗星がキラキラ輝きます♪

2016年8月に公開されて以来、超絶ロングランヒットを記録している映画「君の名は。」。山奥の田舎町に暮らす女子高校生・三葉ちゃんと、東京で暮らす男子高校生・瀧くんの運命が交差するストーリーは、何度も見に行きたくなる魅力に溢れています。

コラボグッズなんかもいろいろと発売されていますが、今回ご紹介するのは「君の名は。」のキーワードともいえる、アレがモチーフ。そう、ティアマト彗星のピアス&イヤリングだよ!

→ 続きを読む

2017年も映画界は1年中お祭り状態ですよ〜 / 映画ライターが期待する春夏映画を10作品ピックアップ【最新シネマ批評】

2017年、新しい年が始まりました。映画界は今年も元気ですよ~! 人気シリーズ、巨匠の作品、アニメなど、多彩な映画が続々公開されます。

そこで8月公開までの新作映画の中から、映画ライター斎藤香が期待している10作品を、ドドドドっとピックアップしました。さて……行きますよ〜っ。

→ 続きを読む

今夜のMステに菅田将暉さん率いる「グリーンボーイズ」が出演するってよ! 『キセキ』と『声』の2曲を披露

2017年1月28日、人気ボーカルグループGReeeeNの誕生秘話を描いた青春ムービー『キセキ ーあの日のソビトー』が公開されます。

映画にGReeeeN役として登場するのは、ヴォーカルグループ「グリーンボーイズ」。

大人気俳優の菅田将暉さんにヒットドラマ『逃げる恥だが役に立つ』にも出演していた成田凌さん、さらには横浜流星さん、杉野遥亮さんが演じるこちらのグループが、1月20日のミュージックステーション2時間スペシャルに登場することが決定したんですって! これは嬉しいサプライズ!

→ 続きを読む

【コラム】映画『この世界の片隅に』は何が魅力なの? “当たり前の日常”の愛しさとそれが失われる悲しみ

片渕須直監督作品、今話題のアニメ映画『この世界の片隅に』を、遅ればせながらとうとう観ることができました。

映画が公開されたのは、2016年11月12日。最初の上映館数は63館と少なかったものの、口コミの評価が広がるにつれて上映館も増加し、2017年1月7日には200館に。じわじわと観客数を増やし続けて、ついには興行収入が10億円を突破しました。

この作品を2016年のナンバーワン映画に挙げる人もいたほどですが、この映画を観た私の周囲の人は多くを語らず、「とにかく観てほしい」の一点張りだったのが強く印象に残っています。

ほのぼのとしたタッチの絵や、女優ののんさんが主役の声を担当していること、クラウドファンディングで異例の額の支援金を集めて公開にいたったこと。ひきつけられる要素は山ほどあるけれど、何がここまで人の心を強烈に揺り動かすのでしょうか。

私なりに、『この世界の片隅に』を観て感じたこと、映画の魅力を、みなさんにお伝えできたらと思います。

→ 続きを読む

映画レビューサイトで満足度1位に『この世界の片隅に』が選ばれていました / 2016年は邦画の当たり年

2016年も、たくさんの名作映画が公開されましたね。

大ヒットとなった『シン・ゴジラ』に『君の名は。』はもちろん、『アイアムアヒーロー』『ヒメアノ〜ル』『怒り』『ちはやふる』など、特に邦画が大豊作で、映画好きな私としましてはホクホク大満足な1年でございました。

名作ぞろいの中から、「今年もっとも満足した映画」を1本だけ決めるというのは難しい。これに洋画も加わるとなると、なおのこと……。

ユーザー投稿型の映画レビューサイト「Filmarks(フィルマークス)」で、2016年劇場上映映画の「満足度ランキング」のトップ10作品が発表されていました。映画ファンは一体、どの作品を支持しているのでしょうか?

→ 続きを読む

大ヒット映画『君の名は。』がイギリスでも高評価! 「信じられないほど美しく素晴らしい」「アカデミー賞受賞の可能性も十分ある」

2016年8月26日に公開されて以後、異例のロングランヒットを記録。いまも上映中のアニメ映画『君の名は。』が、日本のみならず海外でも、軒並み高評価を得ているようです。

日経新聞」によると、中国、台湾、タイ、香港、そして日本と、アジアにおける週末興行ランキングでは5冠を達成。

さらに、ヨーロッパでいち早く公開されたイギリスのメディア The Telegragh、The Guardian、Empire の映画レビューでは、満点評価の5つ星を得ているんですっ!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 15