「書店」にまつわる記事

【店員は保護猫】三軒茶屋に猫の本ばかりを集めた本屋が誕生 / 売上から猫の保護活動にあてられるんだって

ちょっと先ですが、8月8日の“世界ネコの日”に三軒茶屋にオープンする「Cat’s Meow Books」。こちら、保護猫が店員として本屋の顔になるという、とってもユニークな本屋さんなんです。

店員が猫ならば、取り扱っている本も猫が登場するものや、猫に関連した商品ばかり! しかも本の売上の一部は猫の保護活動の支援にあてられるのだとか。

→ 続きを読む

ぽち袋に「本」を入れて大切な人にプレゼント♪ 「本」専用のぽち袋『ブックぶっくろ』がとっても素敵だよ

先日、崎田ミナさんの『ずぼらヨガ』という本を読んでみたら、ほどよい脱力感がすごくツボで、周りの同世代の友人に配って周りたいほどの名ヨガ本でした。素敵な本に出会うと、同じように共感してもらいたくて誰かに贈りたくなっちゃいますよね。

7月初旬より山本紙業株式会社では、お年玉のようにぽんと入れるだけで本が素敵なプレゼントになっちゃう「本」専用のぽち袋『ブックぶっくろ』が登場します。

ぽち袋に入れてお年玉や心づけなどを気軽に渡すという日本独自の素敵な文化に着目し、本をもっと読んでもらいたい、という願いをこめて開発したんだって。

→ 続きを読む

マネしたくなる!! フランスの本屋さんが「客の顔」と「本の表紙」を合わせた写真がとても楽しいですっ

書店のインスタグラムといえば新刊の入荷告知や「こんなイベントやりましたよ」という告知が多いもの。ところが、フランスはボルドーにある書店「モラ」(La librairie Mollat)のインスタグラムはちょっと毛色が違います。

書店員さんがあることに気づいたことから始まったインスタの投稿。それがウィットに富んでいておもしろいんです。

→ 続きを読む

東京・吉原に遊郭専門書店「カストリ書房」がオープンします / 他ではお目にかかれないようなレアな書籍が見つかるかも!?

日本でもっとも有名な遊郭といえば「吉原」ですが、今の住所でいうと東京都台東区千束3丁目から4丁目にあたります。

まさにその一角に、2016年9月3日にオープンするのが遊郭専門書店「カストリ書房」。こちら、遊郭・赤線の遊里史を専門とした出版社である「カストリ出版」の直営店なのだそう。

もう立地、お店の名前、取り扱う書籍、どれもこれもディープきわまりない! どんな本屋さんなのか気になります。

→ 続きを読む

パンケーキの次は「クロッシュー」!? ビブリオテークのザクザクとろ~り新スイーツがとってもおしゃれでおいしそう~

まだまだ続く「パンケーキ」ブーム。ふわっふわでクリームたっぷりのパンケーキを思い出すと、それで幸せな気分になる~という女の子も多いのでは!? そんななかパンケーキを超えるかもしれない!? 新スイーツが話題を集めていますっ。

それは、東京、大阪、九州で展開する、カフェ&ブックス「ビブリオテーク」の「クロッシュー」。ザクザクとした食感のクロッカン生地にフルーツやクリームをトッピングしたかわいい&リッチな一品これは気になる~!!!

→ 続きを読む

「冷やしコタツはじめました。」年中コタツを出している不思議な本屋さんが池袋にあるらしい

日本が世界に誇れるべき文化といっても過言ではないくらいの発明、コタツ。しかしこちら言うまでもありませんが、冬にしか出番がないアイテムでございます。

でもね、南池袋・東通りにある新刊書店「天狼院書店」には、年中コタツが置いてあるのよ。春夏秋冬、365日、コタツが鎮座。ただし夏はさすがに無理があるので、暑い時期だけは冷やしコタツに様変わりするのですけれども、ね。

→ 続きを読む

3月31日に閉店する新宿ジュンク堂がアツイ! 書店員が「本当に売りたかった本」を売っている

2012年3月31日をもって東京・新宿三越アルコットが閉店を迎えます。それに伴って、6~8Fの書店「ジュンク堂」も閉店することになりました。同店は現在かなりアツイ品揃えで、最後の日を迎えようとしているようです。公式ページからは本に対する情熱と、お客様への愛情がひしひしと伝わってくるのです。

→ 続きを読む