「未来」にまつわる記事

世の中から残業を無くすアプリが登場! 職場や飲み会で「ドロンしま~す!」と叫べば煙のように消えることができるんだって

ここ最近、働き方を考え直そうとする動きが強まっていますが、だからといって世の中から今すぐ残業がなくなるわけではありません。

残業は、できることならしたくない。だけど上司の目が気になって、なかなか「帰ります」と言い出せない……。そんな時に便利なのが、「DeNA トラベル」が開発した世の中から残業を無くすアプリ「ドロン」。

2017年4月1日にリリースされるこちらのアプリを使えば、一瞬で職場から “ドロン” することができちゃうってなわけなのです。

→ 続きを読む

ウェイターもレジ係もいないの!? アメリカの無人レストランはここまで来てた

街なかのスーパーでセルフレジを見かけるのは、いまや当たり前。 “無人” スタイルが、じわじわと私たちの生活に浸透していっている……。そう実感している方も少なくないのではないでしょうか。

そんな “無人” スタイルをさらに進めた「Eatsa(イーツァ)」というレストランが、アメリカ・サンフランシスコにオープンしたのは2015年のこと。メインメニューが全て6.95ドル、約820円という安さ、肉を一切使用しないベジタリアンスタイルが健康志向の人の心をがっつりつかんだのか、着実に店舗数を増やし、2016年にはニューヨークにも進出しています。

でも無人のレストランって、一体どういったシステムなんでしょう!?

→ 続きを読む

『ハリー・ポッター』みたいに駒が勝手に動きだす…眺めているだけでワクワクしちゃう未来感あふれるチェスセット

チェス盤の上をするすると、自由に移動する駒。まるで映画『ハリー・ポッター』に出てきそうな光景ですが、実際にチェス盤の上で、誰も触らずに駒が勝手に動いているというのだからすごい!

クラウドファンディング Kickstarter に登場し、目標額をはるかに上回る支援を集めている「Square Off」というチェス盤と駒のセット。世界中の相手とオンライン対戦したり、自動化されたチェスボード上の人工知能とも対戦できるんですって。

→ 続きを読む

映画『トロン:レガシー』のライトサイクルみたいな自転車が登場! 超未来的でクールだけど…買い物かごの位置、斬新すぎない!?

クラウドファンディングサイト「kickstarter」に登場中の “未来型自転車” 「サイクロトロン バイク(CYCLOTRON BIKE)」は、まるで映画『トロン:レガシー』に出てくるライトサイクルみたい!

タイヤには車輪を支える金属線「スポーク」が見あたらず、その代わりにブルーのライトがぽわんと光っています。しかもこのライト、日光の状態をリアルタイムで感知して自動調整してくれるのだそうで、なんとも未来的っ。

また近年増え始めた、スマホアプリと連携するスマート自転車としての機能も兼ね備えているのだそうで、ナビや走行データ表示、バッテリー残量の表示などもしてくれて、至れりつくせりなんですよね。

→ 続きを読む

体のサイズを自由自在に調整できる! たった8秒でトランスフォームする未来型マネキンの動画が超クール!!

香港理工大学が現在開発しているマネキン『i.Dummy(アイ・ダミー)』は、自由自在にそのボディーラインを変化させることができる、未来型マネキン。

服を作る上で必要な、バスト、ウエスト、ヒップ、そして太もも部分。これらのパーツのボリュームを、プログラムで自由自在に調整できちゃうという、超ハイテクなマネキンなのです。世に生み出したのは、同大学准教授アラン・チャン(Allan Chan)博士率いる製作チームです。

→ 続きを読む

30年後は全仕事の半分を機械が行っているのかも…? なにもかもがオートメーション化された世界を描いたアニメ作品におもわず鳥肌

英「The Guardian」が製作したアニメーション作品『The last job on Earth: imagining a fully automated world』の舞台は、今から30年後の世界。

昨今、多くの科学者たちが「30年後には人間に代わって、機械が仕事の半分を請け負っているだろう」と言及しており、同作はこれをアニメ化。

「地球上の最後の仕事」に従事するアリスを主人公に、完全オートメーション化された “起こりうる未来の姿” をリアルに描いています。

→ 続きを読む

卑弥呼が社長に…!? 西友のサイト「未来は、ヤ○イ」がいろいろヤバイ / むしろ西友の未来が心配になるレベル

世の中にはいろんな会社のいろんなプロモーション活動があるワケですが、これは一体、何なんだ。西友のサイト「未来は、ヤ○イ」がいろいろとスゴイことになっています。

「ヤ○イ」の○の部分に入る文字で未来が変わる! というもので、入る文字は全部で6種類。それぞれの言葉に合わせた動画が用意されているのですが……どうしたんだ、西友さん。

→ 続きを読む

空を見上げると透明なドーム型天井!  SFチックな大気汚染対策にびっくり

PM2.5に黄砂などなど、今や大気汚染は世界的に深刻な問題。ここ日本においても、年々その影響が増していっていることは、周知の事実です。

「汚染された空気を避けるべく地下へ住む」「ほかの星へと移住する」……SF映画などにありがちな、この展開。

だけど「ドーム型天井で蓋をして、汚れた大気をシャットアウトしちゃおう!」な~んてアイデアは、聞いたことなかったかも!? しかも映画や小説じゃなしに、現実的に進んでいる話だっていうから、ビックリだよね……!

→ 続きを読む

【未来】SF&アニメちっくな「電動一輪バイク 」が登場ッ! 一見難しそうだけど “自転車に乗れるレベル” なら誰でも運転可らしい

当サイトではこれまで、数々の「かっこいい乗り物」「SFに出てきそうな未来的乗り物」をご紹介してまいりました。

本日みなさまにご覧いただくのも、そのひとつ。ワンホイール公式サイト運営事務局が手掛けた、世界初の特許技術技能を搭載、その名も「電動一輪バイク ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」です。

→ 続きを読む

ドラえもんの世界が現実に!? 未来型「窓なしひこうき〜」

『ドラえもん』に出てくる定番中のひみつ道具といえば? タケコプター! 頭の上に取り付ければ、自由自在に空を飛び回ることができるもの。みなさんもきっと、ご存知ですよね。

この度、イギリスの技術研究機関「The Centre for Process Innovation(CPI)」が、未来の飛行機は窓なしという革新的な計画を発表しました。なんと、機内に居ながら一面に広がる空の世界を楽しむことができるというのです!

誰もが憧れる、タケコプターの世界が現実になる日もそう遠くはないようです。驚きの世界をどうぞ、ご堪能ください。

→ 続きを読む

未来的でかっこよすぎる「屋根付き」電動自転車! でもドアを開けてみると…

屋根もあって、ドアや窓もある。横から見ると、一見「車」にすら見える乗り物「Virtue Pedalist」の正体は、なんと電動アシスト自転車。

米・サンディエゴの企業「Virtue Bike」が手掛けたこちらを縦から見ると、その異様な細さに驚きます。2015年にリリース予定、現段階ではプロトタイプとのことですが、なんとも目を惹く逸品ですよねぇ。

→ 続きを読む

未来の飛行機は……窓がない!? 壁一面&天井全体がスクリーンと化したジェット機「IXION」

幼い頃夢見た未来が、気がつけば実現していることに改めて驚愕すること、ありませんか? 

たとえば電話やメールのみならず、映像や音楽などを楽しめる上、インターネットで情報を得ることも可能な「iPhone」。アラサーオーバーのみなさま、こんな道具を手にして、しかも使いこなしている未来、想像つきました!? 

そして本日は、そう遠くはない未来に実現するであろう、次世代飛行機のお話。

→ 続きを読む

ラピュタの世界みたいでステキ! 1899年のフランス人画家が描いた21世紀の予想イラスト

今から100年後ってどんなふうになってるんでしょうか? 未来について思いをめぐらせるのは夢があってワクワクしますよね。昔の人たちもその気持ちは同じだったようで……。

今回、海外サイト「SO BAD SO GOOD」からご紹介するのは、今から115年前、1899年にフランスの画家グループが発表した「西暦2000年の予想図」。この未来予想図がなんだか『天空の城ラピュタ』に出てくる世界のようでとっても面白いんです。

空を飛ぶ郵便配達人、海中ゲートボール……皆さんもしばし、一緒に空想の世界に浸ってみましょう!

→ 続きを読む

写真でみる世界大都市の今と昔! 時の流れと人間のチカラが街の姿をどのように変えたのか見てみよう

たとえば、小さな神社にある大樹を前にしたとき。「この木は一体いつからここにあるのだろう」と、ちょっとした想像をしてしまうことはありませんか? 時とともに風景は移り変わりますが、そこには変わらず存在し続けるものもあります。

今回海外サイト「AcidCow」からご紹介するのは、世界の都市の昔と今。時の流れについて、人間の力について、思わず考えずにはいられない名写真の数々を、どうぞご覧ください。

→ 続きを読む

これ映像じゃないのか!!  何本ものブロックが手のように器用にボールを転がす最先端マシーン

離れた場所にあるボールを、まるで目の前にあるかのように掴み、もてあそぶ。テーブルが意思を持ったかのように隆起し、携帯の着信を持ち主に知らせ、必要とあらば手元まで運んでくれる。

この、あたかも超能力者の振る舞いを思い起こさせる、一連の事象を行うことができるインターフェイス。それが、マサチューセッツ工科大学(MIT)の石井裕教授らTangible Media Groupが開発を手掛けた、『inFORM』です。その驚愕の全貌を、海外サイト『Colossal』が報じています。

→ 続きを読む

未来のスマホはブレスレット型!? めっちゃ夢のあるスマホが本格発売に向けて出資者募集中らしい

電話やメール、インターネットなどの通信機能はもちろんのこと、カメラにゲームに音楽再生、仕事やワークアウトに関するスケジュール管理そしてお財布機能まで、生活に必要なツールほぼすべてを完備してしまったと言っても過言ではない「スマホ」。

現時点においても十分すぎるスペックを保持しているスマホですが、ビジュアル面がさらに進化したニュータイプスマホが、このたび『EmoPulse』社から登場したみたいなの!

その名も『Smile EmoPulse』、思わず目を奪われてしまう、ブレスレット型の形態が大きな特徴です。

→ 続きを読む

無駄のないビジュアルはまさに未来! たった1台で洗濯から乾燥、アイロンまでこなす優れモノハイテクマシン『SOLO』

一人暮らしをしていると、どうしても洗濯物をためてしまいがち。だってちょこちょこ少量を洗うのって、手間ですものね。

海外サイト『Yanko Design』に掲載されていたコンセプトモデル商品『SOLO』は、そんな方のために作られたといっても過言ではないハイテクマシンです。

→ 続きを読む

これはもう完全に未来! リストバンド型のマルチコントローラーであなたも魔法使いになれる!?

2012年に創業したばかりの『Thalmic Labs』社が開発し、現在絶賛プレオーダー受付中のアイテム『MYO』が、話題になっているようです。

こちらの商品、要は腕にはめるリストバンド型のマルチコントローラーなのですが、スゴイのはその仕組み。肘と手首の間あたりに装着し動かすだけで『MYO』が筋肉の動きを読み取るので、まるで魔法使いのように「リモコンやマウスを動かす」「タッチパネルを操作する」などの行為ができちゃうのっ。

→ 続きを読む

超ハイテク! 手袋のかたちをした携帯電話を発見

「もしもし」と電話に出た男性が、もしも上の写真のような姿だったとしたら……あなたはおそらく度肝を抜かれることでしょう。

今回ご紹介するのは、海外サイト『ecouterre.com』に掲載されていた、手袋のかたちをした携帯電話『Grove One』。グローブのように装着し、手を電話のかたちにするだけで通話ができちゃう、とっても未来的なビジュアルのこちらの商品。なんだか見ているだけでわくわくしてきませんか?

→ 続きを読む

待ちに待った! 未来の空飛ぶ車がついに登場か!?

21世紀に突入して、はや10年。みなさんが子どもの頃思い描いていた未来図は、あなたの予想通りになりましたか?

携帯電話やインターネットの普及で時間や距離の感覚が以前よりも短くなるなど、思い返してみると生まれた頃に比べて技術の進歩は非常にめざましいものです。

でもみなさん、大事なものを忘れちゃいませんか? SF漫画でありがちな、空飛ぶ車! そう、その空飛ぶ車を見かけたと海外では話題になっています。一体どんなものなのでしょう? 海外サイト『slashgear.com』よりご紹介します。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2