「東日本大震災」にまつわる記事

折り紙+おにぎり=「オリニギリ」 東日本大震災のボランティア活動から生まれたペーパークラフトがグッドデザイン♪

握らず仕上げるおにぎり “おにぎらず” が一時流行しましたが、本日紹介するのは「オリニギリ」。

折り紙とおにぎりを掛け合わせることでできた、握って楽しい食べて嬉しいペーパークラフト「オリニギリ」のプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場しています。

→ 続きを読む

【知ってた?】役立つと好評の防災ブック『東京防災』が無料の行政情報アプリ「i広報紙」で配信されているよ!

平成28年熊本地震発生から、もうすぐ1カ月が過ぎようとしています。

今回の地震を機に、防災に対する意識が高まったという方も少なくないことでしょう。そこで、必ず手元に1冊持っておきたいのが、東京都が発行する『東京防災』。

→ 続きを読む

【未然に防ぐために】避難先では女性や子どもを狙った性被害・性暴力DVが増加する傾向に / 周囲が目を光らせることが大切です

平成28年熊本地震発生から、10日以上が過ぎました。

熊本市男女共同参画センター「はあもにい」によれば、地震などの大規模災害における避難所や避難先では、困っている女性や子どもを狙った性被害・性暴力DVなどが増加するのだそう。

「はあもにい」ではこのような被害を防ぐべく、各所と連携して啓発チラシを作成。「ぜひシェアをお願いします!」と同団体のFacebookアカウントにて呼び掛けています。

→ 続きを読む

「震災時、歯科医として遺体の検死を」…GReeeeN・HIDEの告白が話題に / 3月11日にはバンド初の単行本が発売

今年で、デビュー10周年。しかしメンバー全員が歯科医としても働いているため、今なおそのプロフィールが明かされていない……そんな謎に満ちたミリオンセラー・アーティスト、GReeeeN。

メンバーのHIDEさんが、2016年3月3日(木)夜に放送されたTBS系『ニュース23』に声の出演を果たし、ネットを中心に話題になっています。

→ 続きを読む

東日本大震災発生からもうすぐ5年…被災地の今を知ることができるストリートビュー「東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクト」

もうすぐ3月11日。2011年に日本を襲った未曽有の災害、東日本大震災が起こってから5年目の春がやってきます。

現在Googleが公開しているのは、2015年6月から2016年1月にかけて岩手県、宮城県、福島県などの59市19町4村を撮影したストリートビュー「東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクト」。

2011年7月に開始されたこのプロジェクトでは、東日本大震災で被害を受けた被災地の今を、あなたのその目で確認することができます。

→ 続きを読む

3.11東日本大震災から5年。映画『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』の高校生たちを通して知る、東北のいまの姿【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、2015年3月10日にNHKで全国放送されて話題となったドラマの劇場版『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』(2016年1月23日公開)です。監督は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」や、阪神・淡路大震災の15年後の神戸を舞台にした『その街のこども 劇場版』を手がけた井上剛。

3.11の東日本大震災でで被災し、離ればなれになった同級生たちが、立ち入り禁止区域内の母校へタイムカプセルを掘り起こしに行く姿を追ったロードムービー。成長して高校生になり、被災地に戻って何を思うか……というところが実に興味深い作品です。では、さっそく物語をご紹介していきましょう。

→ 続きを読む

国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」がコップのフチに舞い降りる! 売り上げ収益全額は東日本大震災被災地3県の子供たちに寄付

日本百貨店協会との共同プロジェクト「2015 全国百貨店 東日本大震災の被災地復興支援キャンペーン」にこのたび登場するのは、「PUTITTOシリーズ」×「ちびまる子ちゃん」コラボアイテム!

「コップのフチ子」シリーズでおなじみ、奇譚クラブの大人気フィギュアレーベルである「PUTITTOシリーズ」が、とうとう国民的人気者とタッグ。ありそうでなかったガチャアイテムが、来る10月18日(日)「まごの日」、全国174店舗の百貨店にて限定発売されますよ~。

→ 続きを読む

【3000本限定】ホヤを使ったクラフトビールが誕生!! ホヤの煮汁を使った磯の香りただよう逸品らしいんだけど…?

ホヤ。それは赤くてデコボコした突起があって、ちょっと……いや、かなりグロテスクな海の生き物。苦手な人も多いと思うんですが、反対に熱烈に愛してやまない人もいる、好みが分かれる食べ物です。

このたび新発売となったのは、いわて蔵ビールと宮城県南三陸町にある山内鮮魚店がコラボして開発した「三陸の海鞘(ホヤ)エール」! そう、ホヤを使って作った、ホヤの風味ただようホヤ色をした赤いクラフトビールなんです!

→ 続きを読む

今週末は「東北6大祭り」が秋田でひとつに! 東日本大震災の復興を願う「東北六魂祭」が今年も開催

東日本大震災発生から、早4年。今年も東北六魂祭の季節がやってまいりました。

初年度、宮城県・仙台市でテーマに掲げられたのは、「祈」。続く2012年の青森県・盛岡市では「希」、2013年の福島県・福島市では「福」、2014年の山形県・山形市では「起」。

そして今年2015年、5月30日(土)31日(日)に行われる祭りの開催地は、秋田県・秋田市。

→ 続きを読む

柄ON柄の高度な着こなし! 仙台市博物館で開催中「国宝 吉祥天女像」特別展の「ぬりえコレクション」に参加してみよう♪

麻布に描かれた独立画像としては現存最古の彩色画、「国宝 吉祥天女像(こくほう きちじょうてんにょぞう)」。奈良時代に描かれた同作は、福徳豊穣の守護神として崇敬されており、この吉祥天女の前で年中の罪業(ざいごう)を懺悔し除災招福を祈る、いわゆる「吉祥悔過(きちじょうけか)」の本尊です。

毎年1月1日から15日までの期間中のみ、奈良県にある薬師寺で出会うことができる「国宝 吉祥天女像」が、4月24日(金)から6月21日(日)の52日間、宮城県仙台市博物館に舞い降ります!

→ 続きを読む

観に行くことができない展覧会「Don’t follow the wind」開催中 / 会場は福島第一原発付近・帰還困難区域

2015年3月11日。東日本大震災が発生した日から4年が過ぎたこの日にスタートした展覧会、それが本日ご紹介する「Don’t follow the wind」です。

会場となったのは、福島県、東京電力福島第一原子力発電所付近の帰還困難区域。

高い放射線量により、立ち入りが制限されている同地区。地元の人々が避難する前に住んでいた場所などを借りて、国内外で活躍するアーティスト12組による作品を展示しているのだそうです。

→ 続きを読む

東北人の穏やかさと強さ! 3Dドキュメンタリー映画『大津波 3.11 未来への記憶』がリアルに見せる【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは3Dドキュメンタリー『大津波 3.11 未来への記憶』(2015年3月21日公開)です。震災直後から、3Dで記録してきた東北各地の3年間を綴っています。津波、復興、家族、思い出など、東北は3年間でどう変わったのでしょうか。

→ 続きを読む

3月11日に投稿されたふなっしーのツイートに感動する人が続出していたよ!

3月11日。

日本人にとって決して忘れることができないこの日、ツイッターに投稿されたある人物……もとい、梨の妖精によるつぶやきが、感動を呼んでいます。

もう、おわかりですね? つぶやきを投稿したのは、もはや知らない者はいないであろう、お茶の間の人気者、ふなっしー。

→ 続きを読む

復興途上にある被災地の現実を描いた短編アニメーション「今、ふたりの道」

東日本大震災から4年。あの瞬間を経験した者、繰り返し被害が報道される様子を毎日のように観ていた者にとって、決して忘れることができない日。

その中でもとりわけ、甚大な被害を受けた地域に住んでいた方々にとってのこの4年間は、その他の地域に住む者のそれとは、全く異なる様相をしていたことでしょう。

本日みなさまにご覧いただくのは、ニコニコ動画に投稿されていたアニメ「今、ふたりの道」。

→ 続きを読む

【気軽に募金】Yahoo! の検索欄から「3.11」と検索するだけで被災地支援活動に10円寄付されます!

本日は3月11日。4年前の今日、未曾有の災害「東日本大震災」が起こりました。

鎮魂の祈りに包まれたこの日、おなじみ「Yahoo! 検索」が、とあるプロジェクトを実行中。

その名も「3.11、検索は応援になる。」、3月11日午前0時よりスタートしている同プロジェクトは、ヤフーで「3.11」と検索した瞬間に被災地支援へ10円募金をしたことになるという、大変粋な試みです。

→ 続きを読む

世界が最も注目する指揮者グスターボ・ドゥダメル初来日!! 公式コンサートのリハを使って子どもたちと合同コンサートを開催

名門・米国のロサンゼルス・フィルハーモニックが、今月28日(土)と29日(日)、東京公演を行います。彼らを率いるのは、いま世界が最も注目する指揮者、グスターボ・ドゥダメルさん!

ドゥダメルさんは、ロサンゼルス・フィルのほかにもベルリン・フィルやミラノ・スカラ座など数々の名門と競演する一方、母国ベネズエラでの「エル・システマ」プログラムの音楽監督を勤めています。その一環として彼が指揮する「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ」の、クラシックの常識を覆す楽しすぎるプレイは、クラシックの枠を超えて大きな話題となっています。その模様はPouchでも以前紹介しました。

今回は、ドゥダメルさんにとって初の来日公演。記念すべき同コンサート……のリハーサルという名目で、福島県相馬市&ロサンゼルスの子どもたちと合同コンサートを開催するというのです。

→ 続きを読む

東日本大震災から4年! 今こそ見直しておきたい “非常食” という備え / 常に持ち歩けるスマートな食糧ケースをご紹介

東日本大震災から、本日で丸4年。

この年月を長く感じるか短く感じるか、それは人によるのでしょうが、決して忘れてはならない記憶である。そのことは、あの未曾有の災害を経験した者ならばおそらく誰しも、感じていること。

しかしながら実際は、多くの人にとって遠くなりつつあるあの日。そんな今だからこそ改めて、「備え」について考えてみませんか?

→ 続きを読む

放射能を体から出す施設「保養」? 福島とチェルノブイリの日常…ドキュメンタリー映画『小さき声のカノン』が発信【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップしたのはドキュメンタリー映画『小さき声のカノン』(2015年3月7日公開)です。

もうすぐ3月11日、東日本大震災から4年です。地震から津波へ、そして福島第一原発事故。あれから4年もたっているのに、被災地の人々の生活は決して満足のいくものではありません。特に原発による汚染は、その地の人々にとって今でも恐怖です。それはチェルノブイリ原発事故で苦しむベラルーシの人々も同じこと。

このドキュメンタリーは未来ある子供たちを苦しみから守りたい、健康な人生を送らせたいという福島とベラルーシの家族の闘いを追いかけた映画です。

→ 続きを読む

東日本大震災からもうすぐ丸4年……被災地宮城県の野菜を全国へ広める「みやベジ」プロジェクト

東日本大震災から、あと数日ほどで丸4年。

長いような、短いような、4年間。みなさんはこの間、いったいどのような時を過ごされたでしょうか。甚大な被害を受けた土地で暮らしていたか否か、その点でこの年月は、全く様相を変えるのではないかと思います。

本日ご紹介するのは、宮城県の野菜の美味しさを、より多くの人に広めるための「みやベジPROJECT」

→ 続きを読む

映画『谷川さん、詩をひとつ 作ってください。』の谷川俊太郎さんと杉本監督に直撃インタビュー!

[公開直前☆最新シネマ批評・インタビュー編]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品の監督とキャストをインタビュー!

今回はドキュメンタリー『谷川さん、詩をひとつ 作ってください。』(11月15日公開)の谷川俊太郎さんと杉本信昭監督にインタビュー。“詩は人々の日常に向き合えるか”と様々な年代の人々の生活と谷川俊太郎の詩を結びつける映画『谷川さん、詩をひとつ 作ってください。』。この映画はこれまで見たこともない世界へと連れてってくれる作品です。さっそく、杉本信昭監督と主演の詩人・谷川俊太郎さんにお話しを聞いてきました。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3