「梅干し」にまつわる記事

梅干しだけど見た目はトリュフ! ワインやシャンパンとも相性抜群だという “洋風梅干し” とは…?

梅干しといえば、ご飯のおともやおにぎりの具など、とにかく“和”のイメージ。そんな和の印象をくつがえす洋風梅干しが誕生するんですって!

紀州梅の新しい楽しみ方を提案する「プラムコンシェルジュ」から発売されるのは、ピューレ状の梅干しにチーズを練り込んだ「梅チーズ」2種類と、ピューレ状の梅干しを冷燻した万能調味料「燻し梅ピューレ」。

なんでもワインやシャンパンとも相性抜群らしいんです! なんてオシャレなの……!!

→ 続きを読む

ごはん、梅干し、以上! 「すっぱムーチョ」とコラボしたローソンストア100のお弁当が二度見必至の潔さです

コラボ商品って、目を引くものが多い印象です。かわいいものとかわいいものがコラボして、さらにかわいくなったりするんだから! でも、これは……突き抜けてる、シンプルさが。

2月15日から、ローソンストア100で、湖池屋の「すっぱムーチョ」とコラボした商品が販売されています。そのひとつ、「美味しい梅を食べて頂きたいご飯」がすんごいのです

→ 続きを読む

7月30日は「梅干しの日」! 「梅干しを食べると難が去る」と言われていることが由来なんだって!

本日7月30日は、2016年における土用の丑の日であると同時に、「梅干しの日」でもあります。

和歌山県みなべ町の東農園が制定した、こちらの記念日。なぜ7月30日なのかというと、昔から「梅干しを食べると難が去る」と言われていることから。「なん(7)がさ(3)る(0)」という語呂合せで、この日を「梅干しの日」としたのだそうよ。

梅干しにこんないわれがあっただなんて、記者(私)は初めて知りました! みなさんは、ご存じでした?

→ 続きを読む

【10万円の梅干し】12年に一度しか販売されない日本一高価な梅干し「丙申年の梅 五福」の予約がスタート!

日本で古くから愛されてきた梅干し。今もホカホカご飯やおにぎりなどに欠かせませんが、皆さんは普段どんな梅干しを食べてる? まさか梅干しを買うときに何万円も出す……なんて人はいませんよね!?

しかし世の中にはあるんですね、ひと壺10万円もする梅干しが……!!

このたび梅の産地・和歌山県日高郡みなべ町にある東農園が販売予約をスタートさせたのは、1.8キロ10万円(税抜)の「丙申年の梅 五福」。しかもこの梅干し、世にでるのは12年に一度! なんだか恐れ多すぎて、食べるのにもめちゃくちゃ緊張してしまいそうです。

→ 続きを読む

「スコウメ」って何!? 和歌山県の特産品「紀州南高梅」を使ったピリ辛調味料が夏に最適すぎる!

辛いモノ好きの皆さん、「スコウメって知ってる? これ、最近発売されたばかりのタバスコ型調味料なんですが、めずらしいのが梅干しを使っているところ。

和歌山県の特産品である紀州南高梅の梅肉に柚子、唐辛子をブレンドしており、ピリッと辛くてほんのり酸っぱい味が楽しめるんです!

→ 続きを読む

【当たりはレア梅干し!?】さすが和歌山県! 本物の「梅干し」が入ったガチャポンを発見!

コップのフチ子シリーズの登場で、久しぶりにガチャポンの楽しさを味わったというオトナが続出した昨今。今回は“梅干しのガチャ”なるものがお目見えしたとの情報をキャッチ! あのカプセルに梅干しを入れてしまうという大胆な試みを、実際に確かめてきました!

→ 続きを読む

【さらばトムヤムペースト】梅干し・ラー油・おろしにんにくで「トムヤムクン風スープ」ができるらしい! / 挑戦してみた結果…

「タイ料理に挑戦したい!」とナンプラーを購入したものの、実質1、2回しか使わず、気がついたら年の瀬。我が家には、こうして使わない調味料がゴッチャリあります。使わないんだからいざ捨てようとしても、残っているとなんだか“もったいないお化け”が出てきて、捨てられない始末。

が、しかし、つい最近購入した庄司いずみさんの「食べるほどやせてきれいに! デトックス・ベジスープ」(主婦の友社)に、「梅干しとラー油とおろしにんにくでトムヤムクン風スープが作れる!」との情報が! 

もしこれが本当なら、もうナンプラーとかトムヤムペーストなんていらないんじゃないの? 料理ってこういう知識こそ必要なのでは? ということで、さっそく確かめてみましたよ!

→ 続きを読む