「離婚」にまつわる記事

ウエディングケーキじゃなくて「離婚ケーキ」!! なんで離婚したのかわかっちゃうドラマチックな離婚ケーキの様子をご覧ください

当サイト「Pouch」で以前紹介した離婚を祝う(?)ケーキが、今なおじわじわ、増え続けている模様。

インスタグラムのハッシュタグ「#divorcecake」には、可愛らしいケーキから恐怖映画も真っ青なビジュアルのケーキまでラインナップされておりまして、デザインの幅が広いことこの上なし。

本日はその中でも、比較的ソフトな印象のものをピックアップしてお届けしたいと思いますっ。前に見ていただいたのが、その、かなりグロテスクだったからね……。

→ 続きを読む

【泣ける】松田龍平が妻・太田莉菜の写真をInstagramへ投稿!「僕の大切な人であり、逞しい母です」 弟の松田翔太さんもコメント

2017年3月12日(日)、俳優の松田龍平さんがInstagramに1枚の写真をアップ。写真におさめられた人物と、そこに添えられたメッセージに、大きな注目が集まったようです。

公開されていたのは、妻である太田莉菜さんの写真。カメラ目線ではないものの、とってもいい笑顔で、かなりリラックスした雰囲気。

松田さんと太田さんといえば、今年の2月、週刊誌に離婚にまつわるニュースが報じられたことが記憶に新しいですよね。だけど、写真とともに投稿された松田さんのコメントを読めば、そんな疑惑、いっさいがっさい吹っ飛んじゃう!

→ 続きを読む

浮気が始まったのは結婚3年以内が60%以上!? 探偵会社が行った離婚に関するアンケート調査が夢も希望も打ち砕く…

昔から結婚への憧れがほとんどなく「チャンスがあればしてもいいかな」くらいに思っている私。10代、20代と結婚への憧れを語っていた友人たちが、30代になってから結婚の現実を語るのを見て「結婚に夢や希望は持たないほうがいいのかも……」と感じていたのですが、このアンケートを見て、さらに考えさせられることに……。

本日紹介するのは、総合探偵社株式会社MRが行った、離婚についてのアンケート調査です。

離婚経験のある男女30〜49歳、合計233名を対象に実施したという調査の中身を見ると、できれば知りたくなかった結婚の実態が見えてきます。年をとればとるほど痛手は負いたくないもの。上手にリスクヘッジするためにも、先輩たちの声を参考にしてみるといいかもしれませんよ〜。

→ 続きを読む

2月29日は「円満離婚の日」なんだよぉ~☆ それでは最後の共同作業です…結婚指輪をハンマーで叩きつぶす「離婚式」って?

今日、2月29日は「円満離婚の日」だそうです。これは、離婚式プランナーの寺井広樹さんが制定したもので、結婚・離婚について改めて考えるための記念日だといいます。

う~ん、最近では離婚する夫婦って珍しくないけれど……円満に離婚……そんなの可能なのか!? 離婚どころか結婚もできそうにない記者(夢野うさぎ)だけれど、なんだか気になる! そこで、寺井さんにいろいろと聞いてみることにしました。

→ 続きを読む

【しくじり婚?】「生まれ変わっても今の旦那さんと結婚しますか?」と尋ねたところ……「いいえ」と回答した女性が半数以上も!

「生まれ変わってもまた、この人と結婚したい」そんなふうに思える結婚ができたなら、これ以上ないほどに幸せですよね。

だけど、現実は残酷。だって、30代の既婚女性の半数以上が「生まれ変わったら別の人と結婚したい」と考えていることが判明してしまったんだもの。

→ 続きを読む

【さようなら】ブラックジョークたっぷりの「離婚ケーキ」が怖すぎる! みなさん一体なにがあったんスか……

誕生日や記念日のお祝い、そして人生における一大イベント、結婚を祝うため。ケーキは基本、おめでたい席で食べるものですよね。

ところがなんと、「離婚」を祝う(?)ケーキが、SNSを中心に流行しているようなのよ……!

現在、ツイッターおよびフェイスブック、インスタグラムに出現しているハッシュタグ「#divorcecake」をチェックしてみると……出るわ出るわ、ちょっぴり切ない「離婚ケーキ」のオンパレードなのです。

→ 続きを読む

大泉洋節、さく裂!  笑って泣ける時代劇エンターテインメント『駆込み女と駆出し男』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは時代劇『駆込み女と駆出し男』(2015年5月16日公開)です。お若い方は時代劇、あまりなじみはないかもしれません。実は記者、全然若くないけど、時代劇は少々苦手だったのです。が、しかし、これはおもしろかった! 大いに楽しませていただきました。

妻が家出をして駆け込み寺へ。そこから始まる人間模様が、それはそれは楽しく切なくスリリングなのです。

→ 続きを読む

【シビア】半数以上の妻が「夫の仕事」に不満!! 理由の3位は「休みが少ない」2位は「残業が多い」…気になる1位は!?

結婚を考えている女子にとって、お相手の職業は気になるもの。では実際の結婚生活において旦那さんの職業は、どのくらい影響を与えるものなのでしょうか?

リンクモンスター株式会社が行った「第2回 離婚したくなる亭主の仕事」調査によると、旦那さんの職業と年収によって、奥さんの不満やお仕事に差があることが判明しました!!

→ 続きを読む

ちょっぴり気になる「離婚に関する意識調査」の結果 / 離婚理由、離婚後のトラブル…

「日本法規情報」株式会社が運営する、「離婚・調停相談サポート」「法律相談窓口案内 熟年離婚・離婚調停」。双方の運用情報やユーザーへのアンケートを元に、離婚問題に対する意識調査を決行、「離婚に関する調査」について発表しています。

……とはいえ、記者は離婚どころか、結婚すらしていない状態でございます。けれど知っておけば、いずれは参考になるかも? もしもあなたが記者と同じ未婚者であっても、今後のため、一読しておくといいかもよ!

→ 続きを読む

幸福になるためなら何でもする!『バツイチは恋のはじまり』の強欲なヒロインに賛否両論!?【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップしたのはフランスのラブコメディ『バツイチは恋のはじまり』(9月20日公開)です。女性にとって人生のターニングポイントになるであろう結婚! でも自分の家族に代々、結婚にまつわるアンラッキーなジンクスがあったら、あなたはどうする? 

『バツイチは恋のはじまり』のヒロインもそんなジンクスを信じ不運を阻止しようとありえない行動に出るのです。ではヒロインの超遠回りな結婚への旅を見てみましょう!

→ 続きを読む

「結婚していいことってあるの(笑)」と真剣に悩んだので既婚女性に聞いてみた / 「食費や住居費が割安になる」「住民票がひとりぼっちじゃない」など

こんにちは、アラサーひとりぼっち女子の夢野うさぎです。

記者は20代のころ、周囲が結婚ラッシュだろうが何だろうが、結婚について真剣に考えたことがありませんでした。みんながどんどん結婚しても、ご祝儀ビンボーになっても、私、負けない! ってなもんで。

そして30歳を過ぎた今、「そろそろ結婚したいかも」とか、ようやく思い始めたのです。もはや手遅れか……手遅れなのか……いや、まだいける! 若いころより、魅力がええ感じに醸造されております(当社比)。

とはいえ、結婚ってそんなにいいものなのかしら?

「結婚すること」を選択するのも、「結婚しないこと」を選択するのもできちゃう時代。どちらを肯定することも、どちらを否定することもできるけれど、結婚したい女性の方が多いのは事実なワケで……結婚すると、どんないいことがあるのかしら?

アラサーひとりぼっち女子の記者がいくら頭を悩ませてもサッパリ分からないので、知人の既婚女性10人に「結婚してよかったこと」を聞いてみました。

→ 続きを読む

結婚前に知っておきたい「結婚生活を長続きさせるための10のマインド」を読んだら自分はぜったい良妻にはなれないと再確認したお話

「結婚は理想ではない、現実だ」というのはよく言われる言葉。つき合っているときはアバタもエクボ、相手のどんなところもよく見えていたのに、結婚して生活をともにし始めたとたん、相手の嫌な部分が目についたり価値観や生活習慣の違いに気づいたりするんですよね。

だってですよ? ……なぜトイレを使った後に便座を下 ろ さ な い ! 「使うときに下ろせばいいだろ」っていやいやいや、そこは「使った後に上げる」だろうよ! ってこっちとしては思うわけで。でも相手はそうは思わないわけで。ああ、一緒に暮らすってむずかしい。

とはいえ、せっかく好き好んで一緒になった二人ですもの、できることなら離婚は避けたいもの。そのために妻である女性はどういったところに気をつければよいのでしょうか?

今回は海外サイト「OMG TOP TENS」より、「結婚生活を長続きさせるために女性が必要なマインド」トップ10をご紹介します。

→ 続きを読む

【子育て】大変だけど不幸じゃない!! シングルマザーとして生きるということ

これからシングルマザーになろうとしている人の中には、もしかしたら今、強い不安感に押しつぶされそうになっている人がいるかもしれません。精神的にはもちろん、経済的にも、物理的にも、自分ひとりで子供を育てるなんてできるのだろうか? と。でも世の中にはシングルマザーの先輩がたくさんいます。事情は色々でもひとりで子供を育てているということは同じです。

というわけで今回は海外サイト「Huffing Post」から、先輩シングルマザーたちが感じている「シングルマザーとして生きるということ」をお届けします。今日は悩むのをちょっとやめて、先輩たちの声に耳を傾けてみませんか? 何かが見えてくるかもしれませんよ。

→ 続きを読む

ポジティブに離婚報告ができちゃう「離婚式」ですとなっ!? 離婚式プランナーがパーティーみたいな明るい式をプロデュース♪

以前、手軽に離婚報告ができる便利なサービス「ディボース(離婚)新聞」の話題をお伝えしました。時代は刻々と進歩しているようで、最近では「離婚式」なるサービスも登場したようです女性の離婚式プランナーが、まるでパーティーみたいな明るい式をプロデュースしてくれるそうです。

→ 続きを読む

【どちらが正しい?】ノンアルコールビールを子供に飲ませた旦那と「離婚する!」と過剰にブチギレる奥さん

もう地域によっては桜が満開の場所もあり、やっとお花見シーズンが到来したようです。ご近所さんが集まってどこか少し遠くの山などに車を走らせ、お花見を楽しむことも多いと思いますが、なかにはこんなトラブルも。

運転をしないのでビールをグビグビッと飲んでいる旦那さんたちを横目に、一人ノンアルコールビールを楽しむ近所の旦那さんが、それを自分の子供に与えました。

それを見た奥さんが、「アンタ何子供に飲ませてるの! 具合悪くなったらどうするのよ! もう離婚する!」と楽しいお花見の最中にブチギレ! 周りの家族がドン引きするぐらい激怒していたというのです。

→ 続きを読む

芦田愛菜ちゃんを超えるレベル!6才の目線から描いた感動作『メイジーの瞳』の天才子役【最新シネマ批評】 

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、1月31日公開の感動作『メイジーの瞳』です。アメリカの芦田愛菜ちゃんみたいな天才子役・オナタ・アプリールちゃんに目が釘付け! 切なくてちょっとピリ辛な家族の在り方を描いた作品です。

→ 続きを読む

離婚しやすいのは結婚4~5年目のカップル/ほとんどの男女が結婚相手選びに失敗しているのが原因だって!!

「男は浮気するもの」ってよく聞くけれど、ホントにそうなのでしょうか? 恋愛中でももちろんイヤだけど、結婚した相手にそうそう浮気をされてはたまりません! 「七年目の浮気」なんて映画があるぐらいだから、結婚して7年目に浮気の虫がうずくものなの? 日本の歌謡曲には「3年目の浮気」っていうのもあるけど……?

→ 続きを読む

奥さんが夜遅くまで働いている家庭はいろいろとトラブルが起こりがちってホント!?

海外サイト『dailymail.co.uk』によると、ロンドン経済学専門学校『London School of Economics』が行ったある調査結果が、結婚後仕事復帰を考えている多くの女性の心を憂鬱にさせているみたい。

その調査結果とは、「奥さんが夜遅くまで働いている家庭はトラブルが起こりやすい傾向にある」というもの。とはいえ、旦那さんが家庭でたくさんコミュニケーションをとっている場合は、こういった事例はみられなかったのだそう。う~ん、トラブルが起こりやすいって、一体どういうことなのかしら……お願い、もっと詳しく教えてっ!

→ 続きを読む

浮気、倦怠期、熟年離婚! あらゆる危機を乗り越えて「結婚生活を長続きさせる」9つの対処法

結婚した当初は誰もが夢と希望に満ちあふれているもの。けれど、その後の結婚生活、長ければ50年以上続くこともザラ。その間には山あり谷あり、さまざまな困難も待ち受けていることでしょう。

ではそうした状況に直面したとき、私たちはどのように乗り切ればよいのでしょうか? 女性作家のスーザン・シャピロ・バラシュさんは、新著『結婚生活における9つの段階』の中で結婚生活を9つのステージに分け、それぞれのステージの特徴と対処法を書いています。

今回はその内容を超ざっくりとご紹介! さあ、皆さんも結婚生活を長続きさせる秘訣をスーザン先生から学びましょう!

→ 続きを読む

「離婚しました!」と手軽に報告できる便利なサービス『ディボース(離婚)新聞』

離婚。できることなら通りたくない道ですよね。だけど人生色々、場合によっては、通らざるを得ない道でもあるわけで。

だから離婚するのは仕方ないとして、その事実を周りの人に伝えるのって、結構大変。めんどうなので結婚を知っている人全員に一気にお知らせしたいところだけれど、一斉送信メールで伝えるわけにもいかないし、ツイッターやフェイスブックに「離婚しました!」ってアップするのもアレだし……ああ、なにか良い方法はないものかしら!?

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2