「魔法使い」にまつわる記事

限りなくジブリ作品に近いけど…話題作『メアリと魔女の花』は宮崎駿の魂を継承する魔法ファンタジーです【最新シネマ批評】

【公開中☆最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、スタジオポノック第1回長編作品、米林宏昌監督の最新作『メアリと魔女の花』(2017年7月8日公開)です。

米林監督は、大ヒットしたジブリアニメ『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の監督。ジブリを退社後、初めて手がけたのが、この『メアリと魔女の花』です。ではまず物語から。

→ 続きを読む

ホントに何かを召喚できそう…暗闇で光る「魔法陣」がめちゃカッコイイ! プラ板で簡単に作れちゃうよ

アニメやゲームの世界で、よく見かける魔法陣。魔法使いが魔法陣を描くと、悪魔なんかが現れたり、不思議なことが起こったりします。

さすが魔法使いだなぁ~なんて思うワケですが、この魔法陣は一般人でも何かを召喚できてしまいそう。だって、暗闇で光るんだよ! 暗闇でボワ~ンと光る魔法陣なんだよっ!

→ 続きを読む

ハリポタの魔法の杖のようなメイク道具が登場 / 自分の顔に魔法をかけるのが楽しくなりそう♪

コスメって、中身だけじゃなくて見た目も重要。アイシャドウやリップのデザインが可愛いと、それだけで買いたくなっちゃうことだってあるもの。

だったら、メイク道具のビジュアルにももっと凝ってみるのはいかが? 海外サイト「HELLO GIGGLES」で紹介されているのは、ハリー・ポッターの世界をモチーフにしたかのようなメイクブラシのセット

持ち手の部分が魔法の杖そっくりになっていて、メイクのたびに魔法使いになった気分を味わえそう。これには世界中の女子たちがときめかざるを得ないよねっ!!

→ 続きを読む

USJのハリポタエリアが闇の魔法に包まれる…ハロウィーン限定「デス・イーター・アタック」が楽しそう♪

ハリー・ポッターの世界に入り込めるテーマパークといえば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン! アトラクションやグッズなどいろいろと楽しげですが、気になる期間限定イベントが開催されるようです。

ハリポタエリアのホグズミード村に、あの闇の魔法使いデス・イーターが降臨するとかで……うわあああああ、なんだか怖そうだけど夢中になりそう!!!

→ 続きを読む

誰でもすぐに魔法使いっぽくなれる「魔導書バッグ」が話題に / Twitterの声「召喚ごっこができる!」「中二心がうずく(笑)」

以前、フードをかぶるだけで誰でも魔法使いっぽくなれる「ウィザードパーカー」についての話題をお伝えしました。

中二病心をくすぐる! と注目を集めたこちらのシリーズに新作が登場したようです。それは、誰でもすぐに魔法使いっぽくなれる「魔導書バッグ」!!!

Twitterユーザーからは「召喚ごっこができる!」や「中二心がうずく(笑)」などの声があがっています。

→ 続きを読む

呪いじゃないんだからネ! 魔女が監修した魔術キット「愛の藁人形」が発売 / 今年の夏こそステキな恋愛ができるかも…?

あ~ん、今年の夏こそ彼氏とあんなことやこんなことをしたいよぉ~……なんてオトメにおすすめの商品が発売されました。それは、現代の魔女が監修したという「愛の藁人形」

あ、愛の……わ、わら人形……。すっごくミステリアスかつワンダフルな雰囲気だけれど、呪いではないそうです。藁にもすがる思いで、困ったときの魔女頼みですゾ♪

→ 続きを読む

フードをかぶるだけでマジカル☆チェンジできちゃう♪ 誰でも魔法使いになれる「ウィザードパーカー」の予約受付スタート!

魔女っ子女子のみなさんなら、魔法使いになってみたぁ~い! って一度は思ったことがあるはず。でも、日常生活的にアレかもしれないので、魔法使いになったとしても、周囲には魔法使いだってバレたくないですよね。

そんなときに便利なパーカーがこちらの「ウィザードパーカー」。フードをかぶらなければ普通の人、だけどフードをすっぽりとかぶれば魔法使いアピールができちゃう。わお、呪文唱えたくなる(真顔)。

→ 続きを読む

【魔女御用達】魔法の呪文が書けそう? 見るだけで引き込まれちゃう…美しくてグロテスクな「ガラスペン」

きっとムリなんだろうなぁ~と分かってはいるのです。いつまでも夢見る少女じゃいられないワケだし、それってきっとムリなんだろうなぁ~と思うのです。でも、やっぱり魔女って憧れちゃう! 魔女な奥様、なりたい! なりたい!

アクセサリ・セレクトショップ「Sipka(シプカ)」のオンラインショップで、なんだかマジカルな「ガラスペン」が販売されています。きっとムリなんだけど、もしかして魔法が使えるかもなんて、ちょっと振ってみたりして……ま、まあ、ムリなんだろうけど。

→ 続きを読む