「3D映画」にまつわる記事

山田孝之が33年間の人生を語る3Dドキュメンタリー『映画 山田孝之3D』が謎! どこまでホントなの?【最新シネマ批評】

【公開中☆最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、公開中の作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップしたのは、山田孝之主演映画『映画 山田孝之3D』(公開中)です。試写で見られなかったので、公開初日に劇場で鑑賞して来ました。どのような映画なのかあまり情報を入れずに見たのですが、これまで見たことのない映画でした。(以下、ちょっとネタバレあるので要注意)

→ 続きを読む

パパはスヌーピーの原作者! 映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』を手がけたクレイグ・シュルツさんが語る「スヌーピーの完璧でうらやましい人生」【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評・インタビュー編]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品のプロデューサーを直撃インタビューします。

今回ピックアップするのは、みんなが大好きなスヌーピーの映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(2015年12月4日公開)のプロデューサー、クレイグ・シュルツさんです。

クレイグさんは、スヌーピーの作者であるチャールズ・M・シュルツ氏の息子さんで、本作のプロデューサー兼脚本家でもあります。

スヌーピーと共に育ったともいえるクレイグさんに、スヌーピーとピーナッツファミリーの魅力、そして原作者であるチャールズ・M・シュルツ氏、つまりお父様の話も聞いてきました。

→ 続きを読む

名作児童文学「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」が3DCGアニメに! 10月公開の映画「GAMBA ガンバと仲間たち」にネットがざわざわ

1972年に刊行された斎藤惇夫さん著の児童文学作品「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(アリス館牧新社、のち岩波書店)。

世代を超えて今なお愛され続けているこちらの作品が、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」らを手掛けたトップクリエイター集団「白組」によって、3DCGアニメーション映画「GAMBA ガンバと仲間たち」に。来る10月10日(土)、全国公開されます。

→ 続きを読む

GW映画の大目玉!『アイアンマン3』の前に立ちふさがっていた最大の壁とは【最新シネマ批評】

【映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。】

今回ピックアップするのは4月26日公開の3D映画『アイアンマン3』。人気シリーズのパート3です。

アイアンマンことトニー・スターク役が当たり役となったロバート・ダウニー・Jr。ヒーローとはいえ、バットマンのような影はなく、スーパーマンのような優等生でもなく、自己中心的な俺様キャラクターはロバートの個性にピッタリとマッチ。しかし、今回は最後のアイアンマンという噂も? こんなに人気あるのに?さてその真相は?

→ 続きを読む

ハリウッド版『進撃の巨人』!? 3D映画『ジャックと天空の巨人』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、3月22日公開の3D映画『ジャックと天空の巨人』です。有名な「ジャックと豆の木」のストーリーを基にした冒険ファンタジー。

「ジャックと豆の木ならファミリーピクチャーね!」と思って見たら、とんでもない。予想をあっさり裏切り、グロテスクな巨人が攻めてくるというダーク冒険ファンタジーなのです。

→ 続きを読む

劇場は海の中!? 映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』大迫力の3D映像【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップした映画は、1月25日公開のアン・リー監督作『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』です。第85回アカデミー賞作品賞などの候補になっている本作は、3D映画。正直、3Dで公開される映画って「これって3Dにする必要あり?」と思うものが多いのですが、記者は2012年公開のマーティン・スコセッシ監督作『ヒューゴの不思議な発明』を見たとき「これぞ3Dで見るべき映画だ!」と大興奮! おそらく今後、これほど3Dでなくてはいけない映画というのは現れないだろうと思っていました。

そしたら……来た! 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』、これもザ・3D映画。物語も役者も映像も演出力もすべて素晴らしい映画なので、2Dで見てもいいです、いいですけれども、3Dで見たら必ずや感動と驚きと興奮が倍増する3D映画の大傑作なのです。

→ 続きを読む

伝説のホラーとヒッチコック映画がヒントに? 3D映画『ヒューゴの不思議な発明』の裏話【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

本年度のアカデミー賞で、最多11部門にノミネートされながらも、5部門受賞。それも主要の作品賞、監督賞などはライバルと言われた『アーティスト』にさらわれてしまったマーティン・スコセッシ監督初の3D映画『ヒューゴの不思議な発明』。

でも「なんだ『アーティスト』の方がいいのか」と思っちゃいけません。「3D映画なんて、いま珍しくも何でもないじゃん」なんてことも思っちゃいけません。この映画は「3D映画とはこうやって作るんだ、こうやって観客を魅了するんだよ」と、スコセッシが語っているような映画。巨匠が映画ファンに向けて贈った、飛び出す宝石箱のような映画なのです!

→ 続きを読む

3D映画『映画 怪物くん』の撮影で大野智のアート魂を刺激したものとは?【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは人気ドラマ「怪物くん」を映画化した『映画 怪物くん』です。今年の1月に3D映画化が発表され、クランクイン。2月には舞台となる「カレーの王国」の撮影でインドへ。

そして11月26日に公開という、怪物くんにとっては大忙しの2011年となりました。主演はもちろんドラマと同じく嵐の大野智。大野にとって、本作は初主演映画。そして本作はまさに3Dあっての映画となっているのです。 → 続きを読む

市川海老蔵の目力が3Dになって飛び出す!?芸術的かつ感動的な3D映画『一命』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今月のピックアップ、明日15日公開の映画、市川海老蔵と瑛太共演、三池崇史監督作の『一命』です。カンヌ映画祭に出品され、壮絶な切腹シーンでは席を立った観客もいたという噂ですが、実際に観て驚愕! 私は2D上映で観ましたが、瑛太演じる浪人・求女の竹刀による切腹シーンは生々しく痛々しく、そのシーンがいまだ脳裏に焼き付いて離れません。これが3Dになったら……と思うとクラクラしてしまいます。 → 続きを読む

中国が嫉妬!?  映画『カンフー・パンダ2』の見事すぎる中国武術とパンダの融合 【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します

今回のピックアップは本日19日公開の『カンフー・パンダ2』。大ヒットしたドリームワークスのCGアニメの第二弾です!

監督は異なるけれど、ほかは前作とまったく同じスタッフが結集。それぞれが前回と同じ持ち場について映画を作り上げた、映画ファンにもスタッフにもとても愛されている作品なのです。 → 続きを読む

キッチュなジャパン盛り沢山の映画『カーズ2』!  挿入歌にPerfume「ポリリズム」を起用【最新シネマ批評】


[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今週のピックアップは明日30日(土)公開の映画、ディズニーピクサーの新作『カーズ2』。人気を博した前作『カーズ』から5年。主人公マックイーンやメーターたちは世界へ飛び出します。加えて映像も飛び出す3D! 大進歩を遂げるCGアニメーション『カーズ2』ですが、この新作にはいたるところにジャパン! が存在しているのです。 → 続きを読む

『ハリーポッターと死の秘宝PART2』はスリリングで壮絶な卒業式!!【最新シネマ批評】


[公開直前☆最新シネマ批評]

映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今週のピックアップは遂に完結編となった本日より公開の『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』。長年続いたこの人気シリーズで、タイトル・ロールを演じたダニエル・ラドクリフ&同級生ハーマイオニー役のエマ・ワトソン、ロン役のルパート・グリントは『ハリポタ』を卒業することに。最後となった本作は、最終章にふさわしい、ド派手でスリリング、エンタメの真髄をこれでもかと魅せてくれる傑作となっております。 → 続きを読む