「LEDライト」にまつわる記事

暗闇で光るティッシュケースがシュールすぎ…カラーもド派手でムダに高機能な「AURORA」の存在感がすごい

存在自体はとっても地味。だけど日常生活をするうえでないと困るもの、なくてはならないもの、それがティッシュ。

常日頃、 “縁の下の力持ち” 的役割を果たしてくれているティッシュを、思いっきり目立たせちゃおう! 主役級の存在にしちゃおう! そんなアイテムが、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しているようです。

→ 続きを読む

ランプシェードに見えるのに傘部分がない…不思議なLEDランプを見つけました

ベッドサイドなどにあると役立つランプシェード。寝る前にちょっと本を読みたいとき、夜中に目を覚ましたときなど、すぐそばにあると便利ですよね。

さて今回ご紹介するのは YOY Light というランプシェード。一見、とてもオーソドックスなランプなんだけれど……よーく見ると、あれ? ランプの傘、シェードがないんです!

→ 続きを読む

まるで着るプラネタリウム…夜の星空をそのまま閉じ込めたようなスカート / 250個以上もLEDライトがついてるんだって!

星のまたたき。夜空に輝く星座。これらをすべてスカートに閉じ込めてしまったかのようなアイテムが、海外サイト「ThinkGeek」にて販売されています。

それが「トゥインクリング・スターズ・スカート(Twinkling Stars Skirt)」。名前の通り、キラキラ輝く星たちが散りばめられたようなスカート。なんとLEDライトが250個以上もついてるんだって!

→ 続きを読む

可愛いだけじゃない♪ 友達になれそうなルックスのキュートなライト「Lampster」の実力がスゴイ!

お部屋のイメージを大きく左右するライトの存在。「明るければいいのよ」なんて言っていては、オシャレな部屋作りはできませんよ〜。

というわけで、本日みなさまにご紹介するのは、レトロな質感、人の姿を思わせるフォーム、そしてどんな部屋に置いてもマッチしそうな優しい雰囲気がとってもステキなライト「Lampster(ランプスター)」。

超キュートなこちらのライトは見た目だけではなく、どうやら機能もすごいらしいのです!!

→ 続きを読む

クラブやパーティーでみんなの視線、独り占め☆ LEDライトで7色に光り輝くハイヒール「ルミネオンサンダル」

クラブに行くなら全力で目立ちたい! 誰よりも光り輝いてパーリーピーポー全員の心をノックダウンしてしまいたい!

そんなふうにお思いの皆さん。海外で人気のLEDライトで光るサンダルが日本にも上陸。今回はその場にいる誰よりも光り輝けちゃう驚きのサンダル「ルミネオンサンダル」をご紹介!

この靴、LEDライトで7色に発光するの!! 暗いなかに立てば足元にネオンをまとっているようで注目度満点なのです!

→ 続きを読む

雨の日だって輝きたいの!雨に当たるとLEDライトがピカピカ光り出す「1人エレクトリカルパレード」傘

雨の日って憂鬱ですよね。「しとしと」という寂しげな音、そして湿気と共に、気持ちまでじめーっとしてきちゃう、っていうか……。

でもね、本日ご紹介する傘『Twilight Umbrellas(トワイライト・アンブレラ)』さえあれば、そんな気分も一気に吹っ飛ぶこと間違いナシ! いえそれどころか、テンション急上昇しちゃうことウケアイなの! 

というのもこちらの傘、海外サイト『FIREBOX』によると、一面無秩序にあしらわれたLEDライトにひとたび雨粒が当たるや否や、なんとピカピカ光り出すらしいんですっ。

→ 続きを読む

MINIファン注目!! 48000個のLEDライトが散りばめられたMINIがロンドンの街を疾走〜!!

世界中に根強いファンを持つ、自動車ブランドMINI。本日ご紹介するのは、そんなMINIがこの夏全世界で展開しているキャンペーン、『MINI ART BEAT NOT NORMAL』です。

海外サイト『BIT REBELS』によると、キャンペーンに使用されているのは、車体の表面に48000個ものLEDライトが散りばめられたMINI!

→ 続きを読む

幻想的な光のマジック…およそ500個のLEDライトでホタルの森を再現したインスタレーションアートが美しすぎる!

オランダ・フリーラント島で行われたアートと音楽を融合したフェスティバル『Into the Great Wide Open』に突如出現した、ホタルの森。実はコレ、本物のホタルの光ではなく、すべてLEDライトなんです。信じられる?

海外サイト『mymodernmet.com』によると、こちらのインスタレーションアート『500 LEDs Resemble Glowing Fireflies at Night』を製作したのは、アーティストのTamar Frankさん。光を使ったアート作品を数多く手掛ける彼女が、フェスのため特別に製作したものなのだそうです。

→ 続きを読む