今、世界は2011春夏ファッション・ウィークの真っ最中。すでにパリ・ミラノが終了し、東京でも18日(月)から1週間コレクションが始まります。コレクションに登場するデザイナーズ・ファッションがひときわ輝いて見えるのは、大胆な衣装を着てランウェイを闊歩するスーパーモデルの輝かしい魅力が、ファッションに大きくプラスされているからといっても過言ではないはず。

世界中のファッション好きが憧れる、スーパーモデルになるための基本条件は、身長が高くて細身、さらに胸はそんなに目立たない方が良い……というウワサを耳にしたことがある人もいるでしょう。実はそのウワサ、本当のようです。

海外のニュースサイトによると、胸が大きいのが理由でモデルになれなかった女性がいるとのこと。

ロンドンでモデルになりたいと思っていたナターシャさんは、当時体重が50キロ(身長不詳)という軽さだったにも関わらず、さらに減らすようにモデル業の代理店に言われたのだとか。

彼女は体重を落とそうと懸命に努力し、モデルの代理店で毎週体重を測定したそうです。それでも、胸だけは落とすことができなかったとか。

彼女は次のように述べています。
「これは本当に大変な仕事です。代理店に言われたのは、私が今後キャットウォークのモデルになることは絶対にないということ。体重を減らす減らさないの問題より、まず胸が大きいからという理由のようです」(意訳)

確かに、かなり細身でないとほかのモデルとランウェイに立ったときに違和感が出てしまうので仕方がないところ。それに、胸が大きすぎるとコレクション衣装を着るのに支障が出てしまうなど、何かと大変そうです。でも、胸が大きいことを悩まなくてはいけないとは、世の女性にとってはちょっと贅沢な悩みにも聞こえるかも。

彼女の写真を見ると、ランウェイのモデルを志しているにしては身長が少し低めのような……? もしかしたら胸だけの問題ではなかったのかも。

ついにモデルを断念しウェストミッドランド州に帰郷した彼女は、今では健康的なライフスタイルをおくることができて嬉しいと幸せな日々を送っているそうです。

(記者/ 雨傘)

photo by flickr metro.co.uk.
This image is used in accordance with copyright law number 32.