ベルギーのブリュッセルに、世界で一番深いプールがあります。「NEMO 33」という名のこのプールは、最も深いところで水深35メートル。塩素処理されていない温水が250万リットルも入っており、温度は常に30度に保たれているのだとか。

海外サイト「BEZBRIGE」によると、「NEMO 33」はベルギー人のダイビング専門家John Beernaerts氏が設計したもので、スキューバダイビング訓練用のプールとして2004年に誕生しました。プールのなかはまるで水中都市のようになっていて、水深10メートルのところに水中洞窟が設けられています。

これを完成させるために、Beernaerts氏は7年の歳月と400万ポンド(約5億6853万円)を費やしました。そして「プールを温水にしたのは南国のムードを出すため。ブリュッセルにバハマビーチが誕生した。ここで1時間ほど泳げば、仕事のストレスも吹き飛ぶ」と話しています。今では、週1回のペースで通うファンも多いとのこと。でも、泳ぎが苦手な人は間違っても近づかない方が良さそうですね。


プールのなかは5メートル、10メートル、35メートルの3段階に分かれています。


かくれんぼをして遊べそうな雰囲気です。ダイバーたちにとっては魚がいないのが残念!?


一番深いところで35メートル! 素潜りした人もいるとのことですが、かなり危険です。

(記者/うさぎ)

Screenshot:bezbrige.com
■参考リンク
The Deepest Swimming Pool in The World(bezbrige)英文