[the. 外国すまひ]
海外生活をする日本人が、日々の生活の中で何気なく感じた文化の違いをご紹介します。本日はアメリカ在住の主婦による、日米の結婚指輪に関する違いについて。

未婚であればウェディングの聖なる象徴「婚約指輪」に憧れる人も多いはず。ところが、いざ結婚してリングを手に入れると「普段はつけにくい」「傷が付くとイヤだ」といった理由で、結局はタンスの奥に眠らせてばかりいる……というお話をよく耳にします。

一方、アメリカではほとんどの既婚女性が毎日「結婚・婚約」指輪の両方を重ねづけ。つけていないと「どうして付けてないの?」と指摘されるくらい指輪をつけるのが当たり前なのです。

このように結婚指輪や婚約指輪への認識は、日本と米国とではけっこう違いがあります。日本人は特に婚約指輪を一生物の宝石と捉えて大切なときにしか身につけない人も多いのですが、米国ではどちらも日常生活の中で積極的に使っています。

そもそも結婚指輪の始まりは、古代ローマ時代に鉄の指輪を「契約の証」としたのが始まり。さらにローマ時代後期になると金の指輪が主流になりました。そのため欧米では今でも金の指輪の人気が高いそうです。日本では「結婚・婚約」指輪と言えばプラチナやシルバーの指輪を選ぶ人が多いようですが、米国ではホワイトゴールドやイエローゴールドが多く見られるのもそのせいかもしれません。

また、日米ではデザインにも違いがあります。日本はシンプルなもので、夫婦お揃いのデザインが多いのに対し、米国ではお互いにデザインもカラーもバラバラ。しかも圧倒的にダイヤが主流です。ちなみにダイヤには「普遍の輝き=永遠の愛」「もっとも固い石=固い絆で結ばれる」「無色透明=純真無垢で花嫁にふさわしい」という3つの意味があるので、ダイヤの大きさでどれだけ愛しているか、愛されているかが表現されるそうです。

ちなみに、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることが多い欧米では、結婚式の前もしくはあとにジュエリー・ショップで2つの指輪をくっつけてしまうこともあります。中には、結婚指輪と婚約指輪が凹凸になるように作られているデザインの物も。

重ね付けする際は結婚指輪が内側で婚約指輪は外側というのが基本です。これには結婚指輪を婚約指輪で閉じ込めるという意味があるのだそう。ちなみに指輪の「輪」は途切れることのない永遠と循環のシンボルという意味があります。

せっかく指輪を持っているなら、タンスから掘り起こしてせめて特別な日にだけでも身につけてみてはいかがでしょう。これから購入する人は普段から重ね付け出来るようなデザインを選ぶと良いかもしれません。
(在米特派員/ モーガン彩・文責/ 雨傘)

photo by flickr rensche