かつて66歳という高齢で女の子を出産し、「世界最高齢の母親」になったアドリアナ・イリエスクさん。現在72歳の彼女は、もう一人子供が欲しいと思っているようです。

2005年1月、アドリアナさんは体外受精により娘のエリザ・マリアちゃんを出産。「世界最高齢の母親」となりましたが、2008年11月にインド人のラジョ・デビさん(70)がその記録を塗り替えました。それに触発され、アドリアナさんは「もう一人子供を産むことができるかも」と思い始めたそうです。

ルーマニアのブカレストで、アドリアナさんと5歳になったエリザちゃんは2人暮らし。大学でルーマニア文学を教えたり、物書きをしたりして生計を立てています。アドリアナさんは「私がこの年齢で出産することは医学的に可能。だからできると思うの。すぐにとは言わないけれど、もう一人子供が欲しいわ」と将来を展望。そして、「エリザはすごく良い子だし、私達はすごく近い場所にいる。でも医学的に私がもう一人子供を産むことは不可能ではないのよ」と主張しています。

英「テレグラフ」電子版によると、イギリスでは高齢出産の割合が年々高くなる傾向にあるのだとか。45歳以上で出産した女性の数をみてみると1995年は540人だったのに対し、2007年は1091人にのぼるのとのこと。一方で、母親の健康面や子供の将来を不安視する声が出ているのも事実。アドリアナさんが再び妊娠・出産を決意したときには、大きな議論を呼びそうです。

(記者/うさぎ)

Screenshot:telegraph.co.uk
■関連リンク
Mother, aged 72, considering a sibling for her five-year-old daughter(テレグラフ)英文