[the. 外国すまひ] は、海外生活をする日本人が、日々の生活の中で何気なく感じた文化の違いをご紹介するコーナー。本日はアメリカ在住の主婦による、アメリカの「商品の返品」について。
日本では「えっ!?」と思うようなことも、異国ではごく当たり前だったときのカルチャーショック。内心驚かされながらも大変に興味深い異文化ですが、今回はアメリカにおける「返品」の違いについてご紹介します。

アメリカの消費者は、購入した物が気に入らないときは当たり前のように返品します。例えば、購入した衣類などのサイズが合わない場合はもちろん、気に入らないときなどもガンガン返品します。

日本では、メーカーや商品によっても違いますが、不良品でない限り返品できない場合がほとんど。それにメーカーとのやり取りが面倒で、そのまま泣き寝入りしてしまう人も多いのではないかと思うのですが、その点アメリカ人はとても積極的なのです。

例えば、買ったばかりの調理用鉄板がすぐに焦げ付いてしまったとか、サビつくはずのないシャワーラックがサビついたとか……まだこういった商品不良が認められる場合は日本でも返品する人は多いでしょう。

しかし、これも一例ですが、例えばブランケットを乾燥機に入れたら一部が溶けてしまったなどという、明らかに消費者側の不注意による損傷でも、商品に付いているタグに明確な説明がなかったなどという理由で平気で返品します。返品しようとする消費者も消費者ですが、メーカー側もちゃんと返品を受け入れてくれます。

また、洋服を購入する際に店内で試着するのが嫌な場合、とりあえず気になる衣料品を全て購入し、家で試着して気に入らないものは返品するという人もいます。レシートとタグさえあれば返品できるので、いつでも返品出来るように年間のレシートを全て保管する人もいるほど!

もっとびっくりするのは、クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントです。購入するとレシート(ギフト用レシート)をラッピング内に入れます。プレゼントを受け取った人は、気に入らなかったりサイズが合わなかったりなどの際に、簡単に返品できるというわけです。なんとも合理的な考え。

ちなみに、返品する商品はお店に持って行き、商品のタグとレシートをレジでスキャンしてもらいます。するとクレジットカードや現金にて返金されるという仕組みです。返品の際、返品分のお金をもらうか、ほかの物と交換するかは本人の希望次第。お店側も日常的なこととして対応します。

日本人の私たちから見れば、ちょっとワガママな理由で簡単に返品出来てしまうアメリカのシステムには驚きです。消費者としては羨ましいような気もするけど、お店側は大変そう。機会があれば、その辺の事情もショップ店員に聞いてみたいと思います。
(在米特派員/ モーガン彩・文責/ 雨傘)

photo by flickr billaday