「米ぬか」は、玄米を精米するときにできるお米の表皮と胚芽のこと、つまり、白米を除いた部分のことです。米ぬかといえば、最近は石けんや化粧水などコスメにも取り入れられていて、美容にいいことが知られていますが、その米ぬかを使って10カ月17kgのダイエットに成功した女性がいるというのです。

それは、12月7日放送の「魔女たちの22時」番組内に出演した平(ひら)かおりさん(46)。この米ぬかダイエット法は、ただやせられるだけでなく、バストの大きさをそのままキープしてやせられるというから驚きです。

かおりさんは、42歳のときに夫から突然別れを切りだされて離婚。そのショックでアルコールに依存し、ハイカロリーのテキーラなどを飲まないと眠れないようになりました。その結果、165cmで50kgだった体重が、1年後にはプラス20kgの70kgとおデブ街道まっしぐら。電車のなかでは妊婦に間違えられて大ショック! 43歳にしてダイエットを決意します。

料理好きのかおりさんが試行錯誤するうちに編み出したのが「米ぬかケーキ」。簡単に作れるうえに、食物繊維やビタミンEなど美容に良い成分が豊富。1つ食べただけでお腹にたまるので、健康的なダイエットにピッタリなのです。

■「超簡単・米ぬかケーキ」レシピ
材料
米ぬか(125g)
ホットケーキミックス(125g)
卵(1個)
牛乳か豆乳(150cc)

作り方
①すべての材料をよく混ぜる 
②カップ型に流し入れ、180度のオーブンで20分焼く

1個37キロカロリーととってもヘルシーで、冷凍保存もOK。普段のお食事だけでなく、ハチミツなどをかけるとおやつとしてもおすすめです。ちなみに、米ぬかはお米屋さんやスーパーなどで1kg50円の安さで手に入ります。(注意点:米ぬかは発酵しやすいので、新鮮なうちに炒っておきましょう。食物繊維が豊富なため食べ過ぎるとお腹をくだすことがあります。食べすぎには注意しましょう)

この米ぬかケーキで、かおりさんは10カ月で17kgの大幅ダイエットに成功。しかも米ぬかに含まれるビタミンEが女性ホルモンの低下を防いだのか、Jカップのバストはそのままキープ! ダイエットをしてバストが小さくなるのは避けたいという方におすすめです。

ダイエット成功後、かおりさんは街を歩けば20代の男の子にナンパされまくりだとか。美しく健康的に、そして、リーズナブルにやせられる「米ぬかケーキダイエット」。一度試してみる価値はありそうですね。

(記者/シナモン)

photo by flickr Kirti Poddar
■参考リンク
今週の魔女の扉 (魔女たちの22時/日テレ)