「年末ジャンボ~三億円♪ 発売締切迫る!」毎年CMでハイテンションの西田敏行にせかされる度に思う。今年は年末ジャンボを買うか買うまいか。それにしても自分の周りで三億円当たりました! なんて聞いたことが無い。一体どんな人が当たっているのだろうか? 

そんな高額当選者のデータを知るには、毎年「日本宝くじ協会」が発表している「宝くじ長者白書」を見れば分かる。なんと「宝くじ長者白書」は一千万円以上の当選者にだけアンケートを取ったデータ。当然億万長者も含まれている。ああうらやましい! そんな「宝くじ長者白書」を過去五年間に渡り調べてみた。まずは項目別の一位だけをまとめた下記の表をご覧いただきたい。

驚いたのはある程度共通した答えがあること。女性を見ると、下の名前が「ま行」か「か行」で始まっていて、特にイニシャル「K.K」さんと「M.S」さんは2年に渡り当選確率ナンバーワン。偶然にしてもすごい。男性は「か行」で始まっている名字の割合が高い。年齢は男女ともに五十歳以上。普段の宝くじの購入枚数は男性の方が多い。10枚で当ててしまう女性の方が引きが強い?

次に長者達の宝くじの保管場所を見てみよう。上位の机の引き出し、神棚、財布は驚かないが、ポケットと答えた強者が六人いた。ポケットとにねじ込んでいたしわくしゃの宝くじを取りだすと、三億円当たっていた……なんてどこの小説ですか!?

最後に「宝くじ長者白書」からもうひとつデータを紹介しよう。一千万円以上当てた人がどれだけ宝くじを買い続けているか。一番多かった答えは「10年以上」。夢は願い続ければ叶う……とポジティブに捉えておこう。(ライター/ 武田タケ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 【武田タケのプロフィール】
 楽しく読める記事をモットーとするライター。牡羊座のB型。
 キャリアジンにて「社食探検隊が行く!」を連載中。

 ブログ「面白いサイトを見つけたよ。http://omosiroi.jp)」管理人。
 趣味は読書と登山と将棋。座右の銘は「能ある鷹は爪を隠す」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・