海外モデルから火が付き、瞬く間に流行したスキニージーンズ。ぴったりとフィットする細身のジーンズで、脚を長く、細く見せてくれます。日本では定番のアイテムですが、どうやら北朝鮮ではただいま人気急上昇中の様子。

先月29日付けの海外サイト「news.com.au」によると、ソウルにある西江大学校のキム・ヨンス教授は北朝鮮からの亡命者にインタビューを実施。そのなかで、スキニージーンズとアダルトビデオ、そして人糞肥料が北朝鮮でバカ売れしていることが明らかになりました。

これまで、同国ではファッション性のあるズボンの着用を禁止していました。その規制が解除されたため、スキニージーンズが飛ぶように売れているというわけです。平壌の女性たちのファッションが、変化のきざしを見せ始めているのでしょうか。

また、肥料がかなり不足しており、それを補うために一般家庭では人糞肥料を使っているのだとか。キム教授は「人糞肥料はスーパーマーケットでも販売されている。しかし大量に確保することが難しく、そこが問題点だ」と話しています。

脚長効果バツグンのスキニージーンズは、どの国の女性にとってもマストなアイテムのようですね。ちなみに、TVドラマとカップ麺も注目度が高いそうです。

(記者/うさぎ)

photo by flickr Oo_Dee_oO
■参考リンク
Skinny jeans, adult films, human excrement sell ‘like hot cakes’ in North Korea(ニュースAU)英文