顔に塗料で模様を描くフェイス・ペインティングは、イベントやパーティーにぴったりのアート。好きな花、キャラクターなどの絵柄はもちろん、顔全体を動物のように変身させるなんて大胆なことも可能。

欧米ではすでに馴染みの深いものですが、最近は日本でも遊園地に行ったとき、またスポーツ観戦の際にチャレンジする人が増えているようです。

もし唇だけにフェイス・ペインティングを施したら、どんな風になるのでしょうか。海外サイト「ZIZA.QIP.RU」には、女の子の唇にピカチュウ、タヌキ、カニ、パンダ、黒ネコなどの絵を描いたスナップが紹介されています。ぽってりとした肉厚感が、可愛らしいイラストとマッチ。今にも動物たちがしゃべり出しそうな雰囲気です。
(記者/うさぎ)

▼つぶらな瞳が愛らしいタヌキ。女性の口とタヌキの口の位置がぴったり!

▼こちらは真っ赤なカニ。この位置に本当にカニがいたら、ハサミで鼻をはさまれそう

▼のんびりとした表情のパンダ。遠くからこの女性の顔を見たらどんな感じなの!?

▼ポップなカラーのミツバチ。黄色×黒色の唇なら、外敵から身を守れそうです

▼黒ネコに変身した女性の唇。ごはんを食べるとおはぐろ状態になるかも

▼カメレオンが唇に擬態しているのか、それとも唇がカメレオンに擬態しているのか

Screenshot:Ziza.qip.ru
■関連リンク
Ziza.qip.ru(英文)