美しく豊かなバストは女性の憧れ。でも30~40代ぐらいになると、徐々にバストのラインが下がってきてしまうもの。それもそのはず、女性の体型は25歳くらいをピークに年とともに下降線をたどってしまうのです。でも諦めないでください! 30代、40代でもまだまだ間に合う超簡単なバストアップ法があったのです!!

それは、2月22日放送「魔女たちの22時」番組内で紹介された1日1分でできるバストアップのセルフケアです。34歳で胸が垂れてきた原志保さん(41)は、旦那様に「お前、胸垂れてない? おばあちゃんみたい」なんて言われて大ショック! そこで思い切って20代の頃の上向きバストを目指してバストアップに取り組みます。

イソフラボンを摂取したり大胸筋を鍛えたり、バストアップにいいということを片っ端から試してみましたが、なかなか成果が出ません。それでも諦めず、やがて40歳になった原さんが編み出したのが、1日1分でできる超簡単なバストアップのセルフケア法でした。

■原志保さんのバストケア

①リンパを流しバストの老廃物を取り除いて、バストアップの準備をしましょう

まず、人差し指から小指までの4本の指を鎖骨の上から下、そして腋へ向かってなでます。これを左右10回ずつ行います。次に、バストと腕の付け根にあるリンパが集中している部分を人差し指と中指の拳の先でグリグリと刺激します。これも左右10回転行います。

②血流を促しましょう
手のひら全体でバストを優しく包み込むようにして10回さすります。さらに、左右の手を逆にしてさらに10回さすります。次に、手を使い左右20回バストをさすり上げます。

③乳腺を刺激しましょう

両手を使って右上からバストを1周するようにさすります。10回転後、逆方向でも10回転します。

リンパと血流の流れをよくして、女性ホルモンを分泌させることによって、バストアップを目指すというバストケアです。初めはちょっと時間がかかるかもしれませんが、慣れてくれば1分でできるようになりますよ。

原さんは、このケアを毎日続けていくうちに、なんとCカップだったバストがFカップへ大変身! 旦那様もさすがにビックリしていたそうです。スタジオに登場した原さんは、スレンダーながら谷間くっきりの豊かなバストで、久本雅美さんをはじめとした女性出演者はみんな「うらやましい!」と声をあげていました。

年齢を重ねても美しく豊かなバストをキープしたいという皆さん! ぜひこの超簡単バストケアでステキなバストを手に入れてくださいね。
(文:シナモン)

参照元:魔女たちの22時/日テレ(http://bit.ly/fAAYnn
写真:flickr=Helga Weber(http://bit.ly/hUejQI