東北地方太平洋沖地震の影響で不通となっている道路が多いなか、NEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)の素早い対応にインターネットユーザーから驚きの声があがっています。16日、同社のホームページに掲載された写真には、たった4日間で見事に復旧しつつある高速道路の姿が写されています。

話題になっているのは起点を東京都、終点を宮城県仙台市とする常磐自動車道の水戸IC~那珂ICの上り線。この区間は、同関東支社管内で最も被害が大きかったのだとか。11日16時30分時点で、約150メートルにわたって路面の陥没と波打ちが発生していました。

その後、崩壊した土砂を撤去し、新たに砕石を盛る復旧工事を進めたとのこと。15日13時ごろにはすでに道路としての形を成しつつあり、まさに神業レベルの作業スピードです。これに対してインターネット上には、次のような称賛のコメントが続々と書き込まれています。

「これは見事なもんだな」
「やるときはやるな~」
「こういうときに底力を見せるのはカッコイイ!」
「やっぱり日本はスゲーな!」
「泣いた、すごすぎる」
「これで原発事故さえなければ……」
「物流もちょっとは流れるようになるかな」

震災以降、全線通行止めとなっていた常磐自動車道。16日から埼玉県の三郷JCT~水戸ICの区間は通行可能になりました。その先も通行できるようにになれば、被災地への救援物資等を運びやすくなるのは間違いありません。これぞ、まさに日本が世界に誇る技術なのではないでしょうか。

(文:うさぎ)

参照元: E-nexco.co.jp(http://bit.ly/gI1MHT)