17日、米マサチューセッツ州ボストンで奇妙な事件が発生しました。謎の男性がコーヒーチェーン店にやって来て1ドル紙幣100枚をばらまき、無言で立ち去ったのだとか。男性の正体は分かっていませんが、残された100ドルは東北地方太平洋沖地震の被災地に寄付される予定です。

22日付けの米サイト「my Fox BOSTON」によると、ブルックリン通り沿いの「スターバックス」で事件は起きました。この日、店内で一部始終を目撃したタラ・マーディガンさんとブランデン・ラピアさんは「何が起こっているのか分からなかったわ」と声を揃えます。

ふたりの話では、謎の男性が店内に入って来て「僕は金持ちだ! 僕は金持ちだ! 僕は金持ちだ!」と叫びながらお金をばらまき始めました。そしてその後、彼は何も言わずに店を去ったとのこと。店内にいた人々はあまりにも驚き、お金を拾おうともしなかった様子。

マーディガンさんは「私達はみんな、ただ茫然としていた。お金が店内のあちこちに散らばっていたわ」と話します。ラピアさんは「お金が空中を舞い、それが床に落ちるのを見ていたわ。身動きひとつできないほど驚いた」と当時の状況を語っています。

ばらまかれた1ドル札を集めてみるとちょうど100枚(約8100円)あり、マーディガンさんは「スターバックス」の店長に日本の被災地への寄付を要望したそうです。

昨年から今年にかけて広がった「タイガーマスク現象」とついついリンクさせてしまう今回のハプニング。「僕は金持ちだ!」と公言していることから、もしかして「おぼっちゃまくん現象」?? どちらにせよ、リッチな男性のお金なら気を使うことなく寄付できますね。

(文:うさぎ)

参照元:Myfoxboston.com(http://bit.ly/euE5cv