皆さんは、「生理カップ」をご存じでしょうか。これは、ナプキン、タンポンに代わる生理用品として、数年前から注目を集めているアイテムです。鈴のような形をしたシリコンやゴム製の生理用品で、タンポンと同じように膣の中に入れて使います。タンポンと違うのは、経血を「吸収する」のではなく「溜める」という点。日本ではまだあまり浸透していませんが、欧米ではさまざまな「生理カップ」があり、多くの女性が使用しています。

なかでもカナダで発売され、日本でも使用する女性が増えているのが、カナダ製の「ディーバカップ」です。

ディーバカップはシリコン製なので、「簡単に洗えて繰り返し使用できる」のが特徴。つまり、洗って何度も再利用するので、ナプキンやタンポンのようにゴミを出すことがありません。また、一度購入すれば半永久的に使うことができるので、買い替える必要がほぼありません。

さらに「最大12時間まで使用可能」、経血をそのままカップに溜めるので「においやムレが気にならない」「長期間使用すれば経済的」などのメリットもあります。

今回の地震のあと、生理用品が不足しているという声を聞きます。しかし、このディーバカップがあれば、ナプキンやタンポンがなくても対応できます。また、被災地以外で生理用品を買い占める人がいるようですが、ディーバカップがあれば買い占めの必要もありませんよね。

ただし、カップの洗浄には飲める程度の安全な水が必要になります。どうしても水がない場合は、ティッシュやウェットティッシュで拭いてもOKとされていますが、できれば水があったほうがいいでしょう。

慣れるまでは少し時間がかかったり、日本ではネットなどで手に入れられるものの、やや入手しにくいというデメリットがありますが、使用する女性が増えれば、日本でも簡単に手に入るようになるかもしれません。

万が一の時にも役に立つ「ディーバカップ」。被災地ですぐに取り入れるというのは難しいと思いますが、今後、万が一に備えようという方、普段から資源を無駄にせず、ゴミを出さずに生理時期を過ごしたいという方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

(記者:シナモン)
 

参照元:ディーバカップ公式サイト(英文) (http://www.divacup.com/
  ディーバカップ説明サイト(日本語) (http://divacup.jp/
画像:flickr=Paulo Brandão(http://bit.ly/fOJdpE