「第一印象が大切」、「人は見た目が9割」などは巷でもよくいわれていること。誰だって第一印象をよく見せたいものである。しかし、決して美人=すべてにおいて第一印象がいいというわけではないから驚きである。

「美人=モテる=幸せ」…でもないって本当!?
幸せになる秘訣とは!(http://p.tl/ebDa) でも書いた通り、美人といえど100人が100人印象が良い訳ではないのである。人は見た目が9割なのになぜ? と思うであろう。実は人に良い印象を与えるには以下の3つのポイントが重要なのである。

[1]笑顔が綺麗
笑顔が人に与える印象は強い。微笑まれただけで気持ちはほっとする。笑顔は特に人柄がでるポイント。この人と距離を縮めたいと思うかどうかは笑顔にかかっていると言っても過言ではない。ひとえに笑顔といっても笑い方は様々。控えめに微笑む人、豪快に笑う人などたくさんの形がある。

そう。笑顔一つとっても人柄が見え隠れするのだ。素敵な笑顔を作るには日々の生活でどのように笑っているか。鏡の前で自分の笑顔を確認してみよう。口角をあげるだけで幸せがやってくる。

[2]声(しゃべり方)
声が意外と相手に与える印象が強いのはご存知であろうか。声というのは相手の性格を出す。しゃべるのが早い方はせっかちで、逆にスローペースのしゃべり方はおっとりしていて、声が小さい人は気が小さい。声ひとつとっても全然印象が異なるから興味深い。理想的なしゃべり方は、言葉を大切に発すること。声色は十人十色。声事態を変えるのは難しいから、しゃべり方を変えよう。

相手に聞き取りやすい声の出し方、発音、そして大切なのはあいさつ。おはよう、こんにちは、こんばんは、おやすみなどあいさつは一日の始まりであり終わりである。それがさわやかに気持ちいいものだったら、とてもいい気持ちで1日をスタートできる。

[3]姿勢
姿勢がよいというのも相手に良い印象を与える。胸を張って歩いている人は自分に自信がある。猫背な人は自信がない。オフィスや学校で周りをみてみると結構姿勢が悪い人が多い。しかし、姿勢一つ変えるだけで相手に与える印象はことなるのだ。

以上、3つの点にすこし気を使うだけで、相手に与える印象は変わる。第一印象とは笑顔、声、姿勢、そして立ち振る舞い気遣いなどが総称され第一印象として残る。一つひとつ改善していくことで、印象に残る人に変わるのだ。小さいことの積み重ねが、あなたをどんどん素敵に見せる。ぜひトライしてほしいものだ。

(ライター=anna.l
画像:flickr=JodiWomack