【第11回  片想いのカレに意識してもらう、即効性のあるセリフとは?】

自分を変えることは出来ても、他人を変えることは難しいですよね。恋愛においても、片想いのカレに振り向いてもらうのは、そう容易なことではありません。しかし、意識してもらうことは可能です。

そこで今回は、片想いのカレに意識してもらう、簡単で、なおかつ即効性のある方法を紐解いてみましょう。

「ワタシのこと好きなんでしょ?」
鬼気迫った表情で問い詰めても、カレに恐怖心を植えつけてしまいます。極力、冗談っぽく言うというのがポイントです。当然、相手からも冗談っぽく「好きじゃねーよ」と返ってくるでしょう。しかし、ことあるごとに「ワタシのこと好きなんでしょ?」と言い続けることによって、「俺のこと好きなのかな?」と、意識してもらうことに繋がります。

「下の名前で呼ぶ」
仕事関係の人の場合、下の名前で呼ぶのはなかなか難しいですよね。そういった場合は、「ヤマダさんって、タロウっていうお名前だったんですね」など、遠回しな言い方でも構いません。「俺の名前を覚えていてくれたんだな」と、印象づけられますし、親近感もぐっと増すでしょう。

「ひとくちちょうだい」
清涼飲料水のコマーシャルで、自分が口をつけた飲み物を、男の子に対して「飲む?」と差し出すシーンがあったのを覚えていますか?  但し、これは上級編です。コマーシャルの男の子も、心の中では「うおぉ~、飲みてぇ~!」と叫びながらも、「いや、いらない」と断っていましたよね。ですので逆に、相手が飲んでいる飲み物を「ひとくちちょうだい」と言ってみましょう。今の時期ならペットボトルを持ち歩いている人も多いでしょうし、飲み会などでカレが注文したドリンクに対していうのもOKです。

上記3点、出来れば同時進行が望ましいですが、難しいようでしたらどれか1つでも構いません。これを試せばすぐに両想い!  というわけにはいきませんが、自分を意識してもらうにはそれなりの効果が期待できます。

ただ、カレが本気で嫌がっているようでしたら、残念ながら脈ナシの可能性が高いです。見極めには充分気を付けましょう。

(恋愛コラムニスト=菊池  美佳子)

画像:flickr=nicer than air