日々の勉強や仕事に疲れているみなさん、ぜひこれを見て癒やされてください。「LA Light(ロサンゼルスの夜)」というタイトルのこのビデオには、さんさんと光輝く夜のロサンゼルスが映し出されており、その都市の光の美しさはまるで町に散りばめられた宝石のよう。

これを撮影したのはロサンゼルス在住のコリン・リッチさんで、ガンで亡くなったおばあさんに向けて作ったそうです。彼は6カ月という長い時間をかけて、今回の作品を撮影し完成させたそうで、彼の並々ならぬ想いがこのビデオには詰まっています。

また撮影を通してリッチさんは学んだことがあるらしく、そのことについて次のように話しています。「ロサンゼルスは世界のエンターテイメントの中心地かもしれませんが、警官にヤイヤイ言われずに町を撮影することは本当に難しいです。私たちには町を撮影する権利があるということを、みなさん、くれぐれもお忘れなく」と。

ちなみに、このビデオの世界観により一層の深みを与えている挿入曲は、シネマティックオーケストラというグループによって歌われています。見る人に癒やしと感嘆を与えてくれる今回のロサンゼルスの夜景。

みなさんも今度夜の町に出かけたら、立ち止まって周りの光に目を向けてみてください。もしかしたらそこには、今まで気付かなかった幻想的な光の世界が広がっているかもしれません。

(文=パン太)
参照元:vimeo.com(http://bit.ly/nwuZnw

▼こちらがその映像。ぜひ右下のボタンで大画面にしてご覧下さい。

LA Light from Colin Rich on Vimeo.