世界でもっとも人口の多い国・中国。しかし、国土面積には限りがあるわけで、特に都市部にいたっては住宅問題は深刻なことのようです。

「土地に限りがあるなら、上に積み重ねればいいアルよ!」という考えからでしょうか、こんな高層マンションが誕生しちゃいました。

まるでレゴブロックをひたすら積み上げたかのような、超高層マンション。そして目を疑いたくなるような、細かくて小さいお部屋の窓が無数に密集しています。まるで、虫の巣でも見ているかのようです。

しかしながら運河沿いとあって、目の前には汽船が走るオーシャンビューが。オシャレ(?)な高層マンションでアーバンライフを謳歌しつつも、自然の景色も手に入れたい……そんな欲張りさんにはピッタリの立地。船やカモメさんに手を振れば、気分はセーヌ川沿いに住むパリジェンヌといったト・コ・ロ。ただし、あまりに高層階だと突風が洒落にならないのでご注意あれ。

洗濯物はどうしているのでしょうか?

中国といえば、路地裏に物干し竿が張り巡らされ、洗濯物がかかっている中をカンフースターと悪役が追いかけっこするのが映画でのお約束のシーンですが、高層マンションはどうかというと……?


やっぱり長い竿が張り巡らされていました!!!

昔ながらの長屋的な感覚が高層マンションになっても変わらず引き継がれているのには、中国4000年の伝統のようなものを感じ、思わず目頭が熱くなります。ですが……どこからどこにつながっているのかわかりません。竿と電線がごっちゃになっているところに洗濯物がかかっていますが、これって感電の危険性などはないのでしょうか?

ところで、どうしても気になるのが中国の建築技術。「マグニチュード0.0でビルが崩壊(地震でもないのにビルがいきなり倒れる)」、「中国の高層マンション、入居前にひび割れ(建築検査に合格しているのに!)」なんて恐ろしいニュースが平然と流れる国、それが中国。正直、このマンションも基礎工事などきちんと行われているのか、不安にならざるを得ません。

いろいろな意味でとってもエキサイティングな中国の高層マンション。それでも「高層マンションの最上階に住むのが夢なの」という方には、ぜひオススメしたい物件です。これからの時代、いっそ日本を飛び出して中国に移住……なんていうのもアリかもしれません!?

(文=yayoi)

参照元:THE AMAZING STUFF(http://p.tl/VVyl)

▼昔、ファミコンをしている途中に突然フリーズして、こういう画面に出くわしたことがあります

▼総戸数は何戸なんだろう? こうした建物を見ると、中国の人口の多さを感じます

▼一度、自分の部屋番号を忘れてしまったら永久に部屋に辿りつけなそうです