あなたはこれから紹介するバッグを初めて目にしたとき、一瞬混乱するかもしれません。なぜならそのバッグが、まるで合成写真みたいに見えるから。でもね、合成ではないのです。びっくりでしょ?

Jump From Paper Bag』と名付けられた、漫画から飛び出してきたみたいなこのバッグをデザインしたのは、台湾出身のデザイナーChay SuさんとRika Linさん。写真でみるだけでなく、実際に目にしても、本当にそこにあるのかわからないそのわけは、目の錯覚が作り出すトリックにあります。

それはなんと、ただ単にバッグの縁どりを真っ黒にしただけという、実に簡単な仕掛け。たったこれだけで、この嘘みたいな視覚効果が起きるというわけなのです。

バッグのデザインは、全部で3種類。パソコンも入る便利な大きさの「ボウリングバッグ」、小旅行にぴったりの「旅行バッグ」、そして普段使いにちょうどいい小型サイズの「アフタヌーンティー」。大きめのバッグ2種はキャンバス地でできていて、「アフタヌーンティー」のみがポリエステル素材でできています。

とっても可愛いこのバッグは、お値段も可愛いところも魅力。大きいバッグ2種は日本円でおよそ7000円、小さいバッグはなんと800円という安さなのです。この値段、もう買うしかないでしょ?

おそらく、現在日本でこのバッグを持っている人は数少ないはずです。トリックアートみたいに持ち歩けば、みんなが振り返ること間違いなし。この秋は「Jump From Paper Bag」を持って、誰よりも目立っちゃいましょう!

(文=田端あんじ)

参考元:gnr8.biz(http://p.tl/jUYg

▼「アフタヌーンティー」ほら、ホンモノでしょ

▼でもやっぱりイラストみたい

▼こんなに入ります、縁取りにも注目

▼「旅行バッグ」

▼「ボストンバッグ」