皆さんは洋服やアクセサリーを購入する際、お店での長~い試着の順番待ちや、ネットショップで試着が出来ないという理由から購入をあきらめた経験はありませんか?

でも近い将来、そんな事で購入を諦める必要はなくなるかもしれませんよ。XboxのKinectという機能を生かし、高性能なバーチャル試着のシステムが開発されているのです。

これまでもちらほらバーチャル試着のマシーンは出てましたが、動くと洋服がズレてしまうなど、あまり良いとはいえないクオリティのものが多かった。今回のKinectは、かな~り高性能なところがスゴイんです。

海外サイト『tecca.com』によると、米国Face Cake社が開発した「スウィベル」というシステムは、X-Boxキネクトの特長である、カメラに映った被写体の位置や動きなどを読み取る機能を利用して開発されたものです。

モニターの中にはキネクトカメラに映った被写体がバーチャルショップの中央にいるように表示され、両脇にはショップ内で売られている商品が表示されています。

被写体は、スマートフォンを操るように体を使って好きな商品を手に取り、モニター上で試着しているかのように映し出すことが出来るのです。洋服は被写体の動きにぴったりと追従して表示されます。

たとえば被写体が斜めを向いて腕を上げればば洋服もそれに合わせて動いてくれます。バッグやアクセサリー類も同様です。バッグを持った状態のまま手首をひねればバッグが回転して表示され、まるで本当にバッグ持っているかのようです。

つまり、このシステムがひとつあればトータルコーディネートが出来るのです。優柔不断な方でもこれなら時間を気にせずショッピングを楽しむことが出来そうです。

スウィベルのすごいところはこれだけではありません。お気に入りの服装に身を包んだら、写真撮影モードに切り替えて写真撮影ができます。写真の背景はスキー場、スケート場、夜の街など洋服に合わせてさまざまなシーンが用意されています。撮った写真はツイッターやフェイスブックに投稿できるので、実際に商品を購入しなくても、試着と撮影だけでかなり遊べそうですね。

このスウィベルは現在、実用化に向けてさまざまな小売業者に営業をかけているところですが、モスクワのTOPSHOPでは同じ機能を持った他社製品が既にデモ機としてディスプレイされていたようです。技術の進歩ってすごい! これらの製品が実用化したらファッションが今よりもっと身近なものになり、おしゃれを楽しむ人が増えそうですね。

(文=みあざきぱなま)
参照元: tecca.com(http://goo.gl/Y9Ycb