濃い青色、水色、灰色、紫色に塗り分けられたこの地図は、一体何を表すものだと思いますか?

海外サイト『WIKIMEDIA COMMONS』で見つけたこの地図ですが、これまでの歴史上においてヨーロッパの支配を受けたことがある国を、色分けして表示しているというのです。

濃い青のエリアはヨーロッパの植民地になったことのある国を、水色のエリアはヨーロッパの領土になったことのある国を、灰色のエリアは1度もヨーロッパの支配を受けたことのない国を表しています。

また灰色と青斜線のかかった米・オレゴン準州は、イギリスとアメリカの共同統治を受けた期間があったエリアです。聞き慣れない準州ですが、アメリカ合衆国に1848年から1859年の間に存在していました。

ヨーロッパが一番はじめに殖民活動をしたのは、南北アメリカだと言われています。イギリスとフランスは北米に、スペインとポルトガルは中南米に殖民活動を行っていた歴史があります。

世界の多くの国がどんな形であれ、ヨーロッパの支配を受けてきたことが分かります。日本はヨーロッパの支配を受けたことがありませんが、それは世界視点でみるとかなり稀なこと。当時の世界情勢も関係しているかと思いますが、日本が極東の島国であるという地理的事情は、かなり大きいでしょう。

もし陸続きになっていたとしたら日本の運命は変わっていたはず。今ある文化も生活習慣も言語も、まったく別の物になっていたかも……。伝統的な日本独自の文化が変わることなく守られてきたことは、素晴らしいことだと感じてなりませんね。

(文=池田園子

参照元:WIKIMEDIA COMMONS(http://goo.gl/YQaKl