上の写真をごらんください。とっても美味しそうなケーキですが、実はコレ、写真ではなく絵なのです!

「嘘でしょ!?」と誰もが叫んでしまうであろうこちらの見事な絵は、オランダのアーティストTjalf Sparnaayさんの作品。

彼の描く、あまりにもリアルな絵の被写体は、おもに食べ物です。いい香りが漂ってきそうなその絵によって、Sparnaayさんの名は世界中に知られるところとなりました。

サンドイッチにサラダ、さらには使いかけのケチャップの瓶にいたるまで、本物そっくりなSparnaayさんの絵ですが、特に秀逸なのは、目玉焼きの絵! 

色やかたちはもちろんのこと、その艶と質感ったらたまりません。焦げ目や気泡のひとつひとつまで丁寧に描かれた絵は、いつまで見ていても飽きない不思議な魅力に包まれています。

どれかひとつをお部屋に飾りたくなるような、洗練された絵の数々。ただ単に食べ物を描いているだけなのになぜかオシャレに見えるのは、Sparnaayさんのセンスによるものなのでしょうか。

「なんだかSparnaayさんの作品が欲しくなってきちゃった~」という、そこのあなた。絵のお値段、知りたいですよね? ふふふ……驚くなかれ、絵の価格は日本円にしておよそ97万円から437万円!! た、高っ!!

でもね、Sparnaayさんは世界的なアーティスト、これくらいのお値段は当然っちゃ当然なのです。どう考えても手が出ない庶民の身としては、展覧会に足を運ぶか、もしくはこうしてネットから拝むのが精いっぱい……。ちなみにSparnaayさん、写真集も出されているそうなので、こちらもおススメですぞ。

(文=田端あんじ)

参考元:tjalfsparnaay.nl( http://goo.gl/ySSrw

▼穴があくほど見つめても本物に見えるんですけど

▼この方がTjalf Sparnaayさんです☆