夏本番に向けてダイエットをしているみなさーん。最近、周りで「今日ファスティングしているの」という発言をよく聞きませんか? でも「ファスティング」って断食のこと。

断食なんて、無理むりムリ〜と思っていたのですが、やっている人たちがみんな美女ぞろい。もしや効果があるのかも……。というわけで、専門家に効果とやり方を聞き、記者が体験してみることにしました。

今回の記事は【前編】として、ファスティングの効果とやり方を紹介します。

教えてくれたのは、エステ経営者でファスティングの講座もされている丸橋史子さん。丸橋さんによると、ファスティングには次のような効果があるとのこと。

【ファスティングの効果】
1.臓器を休ませることができる。
2.体内にたまってしまった毒素を排出できる。
3.加工食品や人工調味料、濃い味付け等によって麻痺している味覚を、復活させることができる。
4.余分な脂肪を燃やすことができる。特に内臓脂肪には効果的とのこと!
5.妊娠しやすいカラダになる!!

現代人は食べ過ぎているとよく聞きますよね。胃腸は常にオーバーワーク。記者の場合はすでに30年以上も休みなく胃腸が働いてくれちゃっているわけです。なんと働き者なのだろう……。

また、食べ過ぎていると、老化のスピードが加速し、毒素の排出が追いつかなくなることもあるそう。それが宿便となって体内に溜まっていることもあるのだそうです。一説では滞留弁便は4kgにもなるとか。ひ〜!! それがファスティングによって、体外に排出されやすくなるのだそうです。

それから、現代の食生活だと、体は思った以上に食品添加物などの自然界には存在しない化学調味料や防腐剤に影響されているものだそう。とくに味覚が影響を受けて麻痺しているんですって。そのため、ファスティングをして少し舌を休ませると、調味料など味付けをしなくても食材本来の味を敏感に感じられるようになって、味の好みが変わることもあるそうです。

また、酵素ドリンクを使用したファスティングは、必要な栄養分をしっかり摂りつつ余計な脂肪分は一切摂取しないので、ため込んでしまった脂肪を効率的に燃焼してくれるのでダイエット効果もあるのだそうです。

そして、何と言っても記者が注目したのが「妊娠しやすいカラダになる」ということ。粗食のほうが妊娠しやすいとして、不妊治療を目的としたファスティング合宿なども様々なところで行われています。

最近、いろいろなところで「卵子の老化」やら「33歳から妊娠力が低下していく」などといったことを聞きます。記者もアラサー。今すぐ妊娠したいわけではないけれど、妊娠力が低下してしまうのは困る!!

いろんな効果があるファスティングへの興味がどんどん高まってきました。

では、ファスティングはどのようにおこなえば良いのでしょうか。
ファスティングの方法は次の用に「1日ファスティング」、「3日ファスティング」、「半日ファスティング」という方法があるそう。

【ファスティングのスケジュール】

<1日ファスティング>所用日数:3日
1日目 ファスティングの準備期間
2日目 ファスティング(丸一日食べず、摂取するのは酵素ドリンクのみ)
3日目 復食

<3日ファスティング>所用日数:7日
1日目 ファスティング準備期間
2~4日目 ファスティング
5~7日目 復食

<半日ファスティング>所用日数:14日
夕食を20時までにとり終わり、20時から翌12時までファスティング。
朝食はファスティング。昼食、夕食はファステビング準備期間。

【ファスティング期間中にとる食事】

それぞれの「準備期間」、「ファスティング」、「復食」では、次のような食事をとるとのこと。

準備期間:豆類、ごま、海藻、野菜、魚、きのこ類、芋類と、エクストラバージンオイルなどの体に良い油のみを使った食事をとる。

ファスティング:「酵素ドリンク」か「手作り野菜ジュース」のみ、他のものはとらない。どうしても口さみしいときは、スイカかメロンを食べたり、塩昆布を齧ったり、塩をなめたりするくらいにとどめる。

復食:おかゆなど、体に優しい食べ物を食べる。

「ファスティングなのに酵素ドリンクや野菜ジュースを飲んでも良いの?」と思いますよね。そうなんです。飲んで良いのです。なぜなら、まったくの絶食だとリバウンドしてしまう可能性もあるし、何も飲めないとなると辛すぎて挫折してしまうだそうです。

【ファスティングを行うときに気をつけたいこと】

いちばん気をつけるのはファスティングに飲むものについて。「酵素ドリンク」は、必ず農薬や化学薬品を使っておらず、加糖されていないものを利用すること。また、「手作り野菜ジュース」を使用する場合は、野菜・果物などを粉砕し、そのしぼり汁のみを使うこと。野菜の残骸=食物繊維を取り除かないと、結局内臓を働かせることになるのでファスティングにはならないのだそうです。

また、ファスティング中の過ごし方も重要。「1日ファスティング」、「3日ファスティング」、「半日ファスティング」ともに、ファスティングを行っている最中は、お風呂に浸かったり、激しい運動をしたりすることは避けたほうがいいとのこと。血液中にたまった血栓などが流れて重大な病気になってしまいこともあるのだそうです。ストレスを避け、ゆったりと過ごすことが大切なんですって。

ふむふむ、1日ファスティング(3日間)だったら、会社員だったとしてもお弁当持参で金曜日に始めて日曜日に終わるから、できそうですよね!

いかがでしたか? 【後編】では、教えていただいたことを守って、記者がファスティングを行った経験を体験レポートとして紹介します!

(文=山川ほたる/ 取材協力:株式会社eu-country 丸橋史子)

画像:flickr= lululemon athletica