一見単なるストライプ模様にしかみえない絵。しかし見方を変えれば、その中に潜むなにかが見えてきます。

ご紹介するのは海外サイト『itsnicethat.com』に掲載されていた、オランダ・アムステルダムのアーティストユニット、Blommers & Schummが製作した不思議な絵。さて、あなたにはこの絵の奥に隠されたもうひとつの絵が確認できるでしょうか。

もしかすると、隠された絵を見つける方法を教えなくとも、すでに見つけてしまった方がいるかもしれませんね。なぜならこちらの作品、ほんの少しだけ視点を変える、もしくは目を細めるだけで、すぐさまヒミツがわかってしまうから。

Blommers & Schummは「首を左右に振る」という方法を推奨しているようですが、記者が発見したのは「絵から遠ざかる(自分自身が)」「絵を横からみる」「目を細める」というもの。いかがですか? 隠れていた絵が浮かび上がってきたでしょう?

ランチ後の眠気MAX時や、深夜まで仕事をしてお疲れモードの時など、頭をほどよくリフレッシュしてくれそうな、こちらの作品。さあ、あなたにはなにが見えたかな?

(文=田端あんじ)

参考元:itsnicethat.com( http://goo.gl/8Fwu9

▼一体どういう仕組みなわけっ!?