pa2

もうじき春! ポカポカ陽気になってくると、気になるのが太陽からの紫外線です。すぐに肌が赤くなる紫外線「UV-B波」が降り注ぐ夏場なんて激ヤバと思いがちですが、実は季節関係なく年中降り注いでいる紫外線「UV-A波」の方が要注意なのです。

なんてったって、UV-A波は雲もガラスも通り越し、私たちの身体に降り注いできます。空が曇っていたって関係ない! しかも、しみにしわにたるみなど、肌の老化への影響が大きいとされているのがUV-A波。そのUV-A波の防御指数となるのが「PA」という指数なのですが、みなさんご存知でしたか?

■みんなPAについて無頓着だった!
日やけ止めを選ぶ際、まず気にするのがパッケージにもよく書いてあるSPF。こちらはUV-Bの防止効果を表す指標です。でも、その横に書いてある「PA」については、39.8%の女性しか「購入時に気をつけていない」、51.2%が「知らない」とアンケートで回答したそうです。

■PAの見かた
それでは、肌の老化ブロックに大切な「PA」の値、どのように読み取ればよいのでしょうか。たとえばSPFを例に出すと、「SPF20」ならば、何も塗ってない時の20倍の防御力を表します。対するPAは、「PA+」「PA++」のように「+」の数によって防御効果を表しています。

pa
■最強の「PA++++」キター!
そんななか、技術の進歩にともない、今年1月から「PA++++」という表示が新たに追加されたのです! 事実上、最強のPA値! ちなみに、先のアンケートで「PA++++」の存在を知っているかどうかを聞いたところ、90%「知らない」と回答したそうな。実は私も知らなかった!

■PA++++商品も登場!
そんな「PA++++」のパワーを持っている商品も、徐々に登場しつつあります。たとえばランコムから発売されている『UVエクスペール』もそのひとつ。スペック的には、SPF50! そしてPA++++! かなり最強の部類に入る乳液でして、UV-BとUV-A、ダブルの防御効果ある商品です。

技術の進化にともない、どんどん進化し続ける日やけ止め商品の世界。夏が来てからじゃもう遅い。というか季節はあんまり関係ない! なるべく早いうちに、本格的な紫外線対策をしておいたほうがよいのかもしれません。いつやるの? 今でしょ!!

(文=水口たえ)
参考リンク:ランコム

spf