as1

リンゴと聞いて、多くの人がまず頭に思い浮かべるかたち、それは「ウサギ型」なのではないでしょうか。

でもね、そんなのもう古い古い! これからは白鳥、アップルスワンの時代ですよ!

ご紹介するのは、海外サイト『likecool.com』にて掲載されていた、アップルスワンの作り方。ちょっぴり手間はかかりますが、これを見た家族や友人からは、確実に感嘆のため息、そして賞賛の声が上がるはず。それでは早速、気になるその手順を一緒に見ていくことにいたしましょう。

【アップルスワンの作り方】
1 リンゴをヘタ部分のやや左から、右下へ向かうよう斜めにカットしましょう。

as2

2 ヘタが残ったほうのリンゴの種を取り除いたら、カットした部分を下にしてまな板の上へ置き、その両サイドにバターナイフを2本配置。

as3
as4

3 それらを基準にして、リンゴのセンターに真上から包丁を下ろし、次にサイドから包丁を入れ、リンゴの1部(全体のおよそ1/4)をカットします。逆サイドもまた、同様に。

as5
as6
as7

4 切り取ったおよそ1/4部分をバターナイフの間に配置し、ナイフに歯が当たるまで包丁を下ろし、「両サイドを各1cmほど残し真ん中部分を切り取った」かたちようになるようにしましょう。

as9
as10

5 これをリンゴが小さくなるまで、4度ほど繰り返していくと、スワンの羽根部分が完成します。

as11

6 左右両方とも羽根を制作し終えたら、3で残ったリンゴの中心部分に双方の羽根を再び組み合わせます。その後、リンゴの中心部分のセンターへ、長方形に切り込みを入れておきましょう。

as12

7 1で半分に切って残ったほうのリンゴをバターナイフの間へ配置し、水平に包丁でカット、「リンゴスライス」を制作します。

as13

8 切り口がハート型になった7の最も大きなリンゴスライス、その斜め右上から三角形に包丁を入れ、続いて下部もややカット、スワンの顔部分を制作しましょう。

as15
as16
as17

9 取り除いておいた種で目を作り、リンゴの中心部分にある切りこみの中へ配置したら、アップルスワンのできあがり~! みなさま、長い工程、お疲れさまでした!

as18
as19

年末年始のパーティーにはもちろん、お子さんの誕生日なんかにも喜ばれそうなアップルスワン。「私は不器用だから……」なんて尻ごみせずに、ぜひ1度トライしてみてはいかがでしょうか。

(文=田端あんじ)

参考元:likecool.com

▼いろいろな色のリンゴで作ってみよう♪

as20

▼Enjoy!