恋愛ハウツー、子育てハウツー、お受験ハウツー、世の中にはいろんなハウツー情報がありますが、今回はちょっと変わった面白ハウツーを、海外サイト「Manliness」からご紹介します。

これが結構役に立ちそうで、なかなかイケてるんです。イザというときにあなたを助けてくれるのは、こんな知識なのかもしれません

★忍者のように歩く方法★

ninjapic
1) ゆっくりと静かに鼻呼吸をします。息は止めてはいけません。次の呼吸が大きくなってしまいます。

2) 足元をよく確認します。屋外では松ぼっくりや枯葉、屋内ではオモチャやテーブルの足などに注意。踏んだときに音が出てしまうものを避けるのはもちろん、足をぶつけて自分が大声を上げてしまうことのないように。

3) バランスを保つために重心を低くし、足は肩幅に開きます。腕は腰の近くで軽く広げます。腰を動かさずに足だけを動かして歩きます。

4) 歩き方は以下の通り。
右足に全体重をかける

左足を前に出し、つま先から順に踵までそっと地面に置く

左足の膝を曲げながら体重を左足の前方に移動

右足をそっと前に出す

これを目的地に到着するまで続けます。転んではいけません。

<こんなときにオススメ>
・天敵を暗殺するとき。
・会社で同僚のクッキーを奪うとき。
・赤ちゃんが寝ているのかどうかを寝室に確認しに行くとき。
・映画館で上映途中にトイレに行くとき。
・夫がベランダの隅でコソコソやっているLINEを後ろから覗くとき。

★男らしい握手の仕方★

shakehandspic
1) 相手と目線を合わせます。

2) 相手の目を見ながら自信ありげに微笑みます。

3)相手の手を しっかりと握ります。でも強く握りすぎてはいけません。

<こんなときにオススメ>
・ビジネスで成功したいとき。
・何かを隠ぺいしたいとき。
・相手の名前を思い出せないとき。
・相手の言語を理解できないとき。

★クマに遭遇したときに生き延びる方法★

bearpic
[ヒグマ編(特徴:肩にコブ)]

●準備
・クマ攻撃用スプレーを常に持参します。
・ヒグマの気配を感じたら、誰かと話したり、独り言を言ったりして、軽い音をたてましょう。
・山道には絶対に食べ物を落としてはいけません。ゴミはすべて拾って帰ります。オーガニック系の物であっても持って帰るのが鉄則です。

●ヒグマと遭遇したときは
・ゆっくりと逃げます。絶対に走ってはいけません。
・クマ攻撃用スプレーを手に取り、いつでもスプレーできるようにしておきます。
・脅かさないようにし、可能な限り自分を小さく見せます。
・アイコンタクトは避けましょう。

●ヒグマに攻撃されたら
・絶対に走ってはいけません。
・地面に寝ころび、神様に祈りましょう。
・頭部と腹部を守ります。
・ヒグマが立ち去っても10分~20分はそのままの姿勢でいましょう。

[ツキノワグマ編(特徴:肩にコブがない)]

●準備
・ヒグマと同様ですが、リュックに鈴をつけます。

●ツキノワグマと遭遇したときは
・絶対に走ってはいけません。
・地面にしっかりと立ち、自分を大きく見せましょう。
・大声を出したり腕を振り回したりして、大騒ぎをします。
・絶対に木に登ってはいけません。

●ツキノワグマに攻撃されたら
・反撃しましょう。
・鼻を中心に、敏感そうな場所を攻撃します。
・棒や岩を使うといいでしょう。
・ツキノワグマが逃げ出すまで戦いましょう。

<こんなときにオススメ>
・動物園以外でクマに遭遇してしまったとき。
・生きて帰らなくてはいけない事情があるとき。

★ドアの蹴破り方★

doorpic
1) 蝶番を確認し、ドアがどちら側に開くのかを確認する。
手前に開く場合は、蹴破ることはほぼ不可能。あきらめましょう。

2) 立っている足の踵をしっかりと地面につける。

3) 前方に乗り出すようにして、鍵の横をめがけて踵でける。

●してはいけないこと
・肩からドアへの体当たり。脱臼します。
・ジャンピングキック。体力を消耗します。
・鍵やドアノブそのものへの蹴り。足を痛めます。

<こんなときにオススメ>
・施錠された家の中にいる大切な人を救出するとき。
・閉じ込められている状態から脱出するとき。
・ストレスがたまっているとき。(修繕費を計算してからにしましょう)

いかがでしたか? ちょっと男らしい情報でしたが、背に腹を変えられなくなったら女性でも十分実行可能なものばかりです。世知辛い世の中ですが、どんな状況でも生き延びる。これが大切です。

参照元=Manliness
執筆=中野麦子(c) Pouch