ryu1

神秘的なその姿に誰もが目を奪われる、深海魚、リュウグウノツカイ。

その昔、日本では人魚伝説の元になったともいわれている彼らの姿をハッキリととらえた映像が、海外サイト『io9』にて紹介されておりました。言っときますけど今回の映像、前回ご覧いただいたリュウグウノツカイ動画を超える、鮮明さですわよ!

リュウグウノツカイが姿を現したのは、メキシコ最北の州、バハ・カリフォルニア。観光客でにぎわうビーチ、その浅瀬に突如出現し、その場に居合わせた全員の目を釘づけにしたみたいなの。

大きく平たいミステリアスな体つき、神々しさすら覚えるその表情……こんなのがいきなり目の前を横切ったら、腰抜かしちゃいますわな。「オーマイガー」しか、言葉が出てきませんわな。

ryu1

さて冒頭で「彼ら」と記載しましたが、今回発見されたリュウグウノツカイ、実は1匹だけではなく、なんと2匹! 

残念ながら、並んで泳ぐ姿まではとらえることができなかったようですが、ハッキリとその姿を拝めただけで、もう十分。同動画を撮影した米シカゴの水族館『Shedd Aquarium』の副館長が「私が知る限り世界で最も美しい魚の1種」と言及したその言葉どおりの、この世のものとは思えない佇まいを観ていると、いつしか息をするのさえ忘れてしまいそうになるもの。

深海魚なのにもかかわらず、近年頻繁に、世界各地の浅瀬にてその存在を確認されている、リュウグウノツカイ。いつまでも眺めていたくなる、とらえどころのないその魅力を、それではたっぷりとご堪能くださいませ。

参考元:io9
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼それにしてもこのビジュアル、インパクト大きすぎるよね