ざくざく切ってそのまま食べても、塩をパラリと振りかけても、ちょっとオシャレにお料理やドリンクに仕立ててもおいしいスイカは今が旬真っ盛り! その貫禄から、スイカは夏を代表する果物の「横綱」とも称されています。

さて、スイカにも記念日が存在することをご存知でしょうか? 7を「な(7)」で「夏」、27を「つ(2)、な(7)」で「綱」と読む語呂合わせから、7月27日は「夏の綱」すなわち「スイカの日」とされています。 スイカの縞模様を「綱」に例えているのと、果物の「横綱」をかけていると考えれば納得ですね!

水分補給や夏のデザートとして最適なスイカは、おいしいだけではありません。びっくりするほど体にイイ果物なのです! 今回は「スイカの日」を記念して、その魅力をた〜っぷりお伝えしちゃいますよ。

赤い果肉の驚くべき効能 / ガン予防と美肌効果

スイカの真っ赤な果肉には、トマトと同じように「カロテン(ベータカロテン)」が豊富に含まれています。カロテンには抗ガン作用があるほか、髪や皮膚、粘膜を健康に保つ効果もあります。また大量に含まれる「リコピン」は、アンチエイジングや生活習慣病、ガン予防に効果的。リコピンにはシミの原因になる「メラニン」の生成を抑える効果も。

皮だって負けてない、スゴイ効能 / むくみ防止と冷え性予防

ガリッとした食感の皮(白い部分)、捨てちゃダメッ!! スイカには持久力の向上や筋肉痛軽減、さらに疲労回復に効果的なアミノ酸「シルトリン」が多く含まれています。特に皮の白い部分には、果肉に比べて1.2倍の量だそう。

シルトリンには血流を促進する働きがあるため、手足のむくみや冷え性を改善する効果が見込めるそうです。リコピンと同じように、アンチエイジングや美容に効果的に働きかける作用もあるのだとか! 

スイカには水分補給ぐらいのイメージしかなかったけれど、意外とスゴイんですね。スイカを7分の1切れ食べれば、1日に必要とされるシルトリンを摂取することができます。また、運動前に食べることで血の巡りがよくなるそうです。持久力アップを目指すなら、運動前にスイカを食べましょう。

白い皮の部分はピクルスにしてみたり、炒め物にすれば食べやすくなりますよ。これからは果肉だけでなく、皮も積極的に食べるようにしたいですね。

参照元:旬の食材百科/スイカ
執筆=sweetsholic (c)Pouch