chocobath1

「洗面器で巨大プリンを作りたい」「浴槽いっぱいにココアを作って飲んでみたい」などなど、一度は甘い妄想に胸をときめかせた思い出はありませんか? 

そんなおとぎ話のような光景が、イギリスには実在するそうです。それが今回ご紹介する、お風呂も洗面台もチョコレートでできた素敵なバスルーム。チョコ好きにはたまりませんねぇ! それでは、さっそくチェックしてみましょう。

chocobath2
浴槽にトイレ、洗面台にビデ(お尻洗浄器)の4点セットから成るバスルームには、50kgのベルギー産チョコレートを使用しています。総カロリーは想像を絶する900万4千カロリー、1人で食べきるには約10年以上かかるという驚きの商品です。お値段も驚きの8万ポンド(約1千395万円)。ひぇぇぇ〜!! 食べてみたいけれど、カロリーも値段も高すぎるっ!!

chocobath3
このチョコバス、「ユーモアを大切にしたい」と考えたイギリスのバスルームメーカー「Bathrooms.com」が、同じくイギリスで展開しているチョコレート専門店「Choccywoccydoodah」の協力のもとで誕生した商品です。チョコレート専門店の遊び心溢れるチョコレートたちは、映画「チャーリーとチョコレート工場」にも登場している実力派。

同社では、きちんと使えるバスルーム用品を多数取扱っています。今回の商品は「Gamme Maderno」というコレクションをチョコレートで表現したものだそうです。

バスルーム会社のCEOイアン・モンクさんによれば「バスルームは直射日光を避けて保存、浴槽にお湯を入れたら溶けてしまうため、お風呂に入るのは我慢しましょう」とのこと。使えないなら浴室の意味がないじゃないかー!! と思ってしまうのは野暮というもの。これがイギリス流のユーモアなのだそうですよ。

大人になっても遊び心を忘れないイギリス人に習って、国内でも「大福ソファ」や「羊羹のテーブル」など、和菓子のインテリアが誕生したら楽しそうですね。

参照元:bathroomsweets.com, bathrooms.com, choccywoccydoodah.com

執筆=sweetsholic (c)Pouch

▼きちんと使える「Gamme Maderno」コレクション
chocobath4