punching-bag1毎日、自宅やオフィスで長時間パソコンに向かって仕事をしていると、体がなまりがち。だけどジムに行く時間はなかなか確保できない……。そんな皆さまにぜひ、一度体験してみてほしいパソコンを海外サイト「designboom」で発見。

なんと、キーボードの代わりにあるのは、ボクシングジムにあるようなサンドバッグなのです!

【仕事をしながらエクササイズできる!】

デザインスタジオ「Bless」のデザイナー、Ines KaagさんとDesiree Heissさんが製作した「ワークアウト・コンピューター」なるコチラの作品。デザイナーのふたりによると、「仕事とレジャーをユニークな方法で融合させよう」という試みから作られたものなのだとか。

自分の打ち込みたい文字が書かれたサンドバッグにキックやパンチで衝撃を与えると、パソコンの画面に文字が表示される仕組み。
punching-bag2
手のひらサイズから、膝蹴りやタックルまでできそうな大き目サイズまでいろんなサンドバッグが揃っていて、なかなか本格的なのです。

【ストレス解消にも有効かも】

普段思いっきりパンチする機会なんてないから、ストレス発散にもなりそうですよね! とはいえ、1文字打ち込むのにかかる時間は、通常より何倍もかかりそう。短めのメールを送るにも、かなりのエネルギーを要することは、いうまでもありません。

まだ実用化には至っていませんが、イスタンブールで開催中のビエンナーレで展示され、話題となっているもよう。もっと詳細を知りたい方はぜひ「designboom」をチェックしてみてくださいね。

参照元:designboom
執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

punching-bag3