iskra2
喉が痛かったり、寒気がしたり。風邪のいや~な初期症状を感じたとき。「葛根湯(かっこんとう)、飲んどこっと!」なんて思う方も多いのでは?

「風邪の初期症状=葛根湯」という認識が刷り込まれてしまってる私たち。ですが、漢方薬を専門にあつかう医薬品会社・イスクラ産業によると、これはすべてが当てはまるわけではないといいます。

それぞれの風邪の初期症状によってどんな漢方薬を飲めばいいか? イスクラ産業のTwitter「ISKRA漢方」より学んでみましょう!

【寒気がする風邪なら葛根湯】

では、葛根湯はどんな風邪のときに飲めばいいの? ISKRA漢方のツイートによると

寒気がして、首や肩のこわばりがあり、汗をかいていなくて、喉が痛くないカゼの初期に葛根湯です。

とのこと。皆さん、覚えておきましょう!

【症状別に選ぶべき漢方薬】

上記の症状加え、より寒気が強い風邪の初期には麻黄湯。喉が痛い・乾燥するなど喉の違和感を感じ、寒気はないなら板藍根。喉の痛い風邪の初期は、板藍根、天津感冒片、銀翹散などが適しているそう。「風にあたるのが嫌」というような若干の寒気がある場合は、天津感冒片、涼解楽、銀翹散を。喉のトラブルだけなら、板藍根メインで。涼解楽や天津感冒片を合わせてもよいとのこと。

【タイプ別、風邪の養生方法】

風邪の初期症状なら、重症化させずになんとか自力で回復したいもの。そんなときに役立つ、タイプ別の風邪の養生方法の図もISKRA漢方のツイートで見つけました。風邪のタイプを「湿のかぜ」「寒のかぜ」「燥のかぜ」「熱のかぜ」の4種類にわけてあり、たとえば、胃のムカつきや食欲不振など消化器系に来る「湿」の風邪の場合、おかゆを食べ、お腹を温めて胃の痛みを和らげる八角や山椒の実を料理に取り入れるとよい、など書かれてあり役立ちます。

まだまだ風邪が流行している季節。軽症で済ますためにも、ぜひISKRA漢方のツイートを参考にしてみて! 漢方というとちょっと堅苦しいイメージを持つ人もいるかもしれませんが、アイコンがパンダで可愛くて、説明もとってもわかりやすいですよー♪

参照元:Twitter(@ISKRAkanpo)togetter
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

▼キャプション

▼キャプション

https://twitter.com/ISKRAkanpo/status/553001744305618944