cm

海外サイト「Imgur」に投稿されていたのは、ルンルンな様子でじーーっとテレビ画面に観入る、幼い少女をとらえた映像。

緑がいっぱい、自然豊かな光景を眺めていたら突如、映画「ダークナイト」に出てくるジョーカーのような顔をしたモンスターが、画面にフェイドイン! しかも、超ドアップ!

【少女があまりにも気の毒……】

衝撃のあまりひっくり返り、這いつくばりながらビデオを撮影する親の元へ逃げる少女。腰が抜けてしまったのでしょうか、そりゃこんなものが何の前触れもなくいきなり目に飛び込んできたら、そうなっちゃうよね。

もし、あえて観せたのだとしたら……ちょっと、ひどすぎやしませんか……!?

【ネットの声】

気の毒なほどにうろたえている少女の姿に、ネットユーザーのみなさまは騒然。

「これを機に母親は毎晩、怖がる子供に叩き起こされることだろうね」
「こりゃダメだ」
「僕も幼い頃、父親に同じことをされた。それ以来、今でも、夜驚症(やきょうしょう、夜中に突然目を覚まして激しい恐怖感とともに泣いたり叫んだりするというもの)を発症することがあるよ」
「私も5~6歳の頃こういうことを両親にされてめちゃくちゃ泣いたし、辛かった。それを見た親も、辛そうだった」
「この子、周りにいるフツーの子供たちよりも、テレビを観なくなるんじゃないかな」
「画面ギリギリ近くに、立たないこと。彼女はそのことを学んだに違いない」
「娘のゲームをシャットアウトしたら金切り声をあげられて、おしっこを漏らされたことがあるわ」
「母に同じことしたら、椅子から転げ落ちたし、その後めちゃくちゃ叩かれたな……とにかく、いいことはないよ」
「お願いだから、みんなは自分の子供に同じことをしないで。彼らにとって、ものすごいダメージになるから」
「これ、ドイツのコーヒーのCMだよね」
「ああ! 思い出した!」

【まさかの真相】

これが……CMですと……? てなわけでさっそく問題のCMを鑑賞してみたところ、結末はすでにわかっているというのに「ぎゃあああああ!!!」と絶叫、心臓が縮みあがるほどの恐怖を覚えました……。

これは腰抜けちゃうわ。インパクトは大だけれど、どう考えても悪ふざけがすぎるよ! 子供はもちろん、心臓が強くない大人も観ちゃダメなレベルでした。ご報告までに。

参照元:Imgur YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼問題のCM……これはマジでアカンやつです *閲覧注意

▼女の子が気の毒すぎる