フェイスブックにツイッター、インスタグラム。今やどれを見ても、セルフィー・セルフィー・セルフィーの嵐!

かくも「自撮り文化」が普及している昨今なわけですが、なんとこのセルフィー旋風、ファッションショーのランウェイにも巻き起こっていたようなのですよ。

現場となったのは、誰もがその名を知る有名ハイブランド「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」の、2016年春夏コレクション。

【モデルたちの手に握られていたのは……?】

ショーが行われた場所は、イタリア・ミラノ。その街並みを再現したランウェイを闊歩するモデルたちの手には、身にまとった洋服にピッタリ合ったデザインのスマートフォンが。

【ファッションは「イタリア」全開!】

よくよく見れば洋服自体にも、イタリアならではな景色が、模様として描かれていますが、それもそのはず。今季のテーマは「Italia is Love」。

イタリアカラーを全面に出したラインはどれも華やかで、果物が実り花々が咲き乱れる様子、青々と輝く海がまぶしいっ。同ブランドならではな “思い切ったデザイン” に、目を奪われずにはいられません。

【スマホでレッツ☆セルフィー】

颯爽と歩いてきたモデルたちはそれぞれ、「パシャッ」とセルフィー。それを見つめる観客たちの頭上には「Selfie.」と記された巨大スクリーンが4つもぶら下がっており、その “セルフィー推し” っぷりたるや、すさまじいっ。まさに時代を象徴するかのような、ショーとなったのでありました。

【観光客のマネをしてみました】

実はこの時期、同地ではミラノ万博も開催されておりまして、街は観光客でごった返していたのだそう。そして当然のことながら、彼らの多くは自撮りに忙しそうな様子。

「ドルチェ&ガッバーナ」デザイナー、ドメニコ・ドルチェ氏とステファノ・ガッバーナ氏は、もしかするとこの状況を自分たちのショーへ反映したのかもね……!

【公式インスタグラムをチェック♪】

同ブランドの公式インスタグラムには、ショーの際に撮影されたセルフィーが多数、投稿されています。モデルたち自らがショーの最中に行った自撮り写真は、もうそれだけで、レア中のレア。公式サイトの「バックステージ」では、撮影に使ったスマホカバーも見ることができます。

どれも必見の可愛さ・美しさですので、ぜひともご覧になってみてくださいね!

参照元:Instagram(Vogue) Instagram(Dolce&Gabbana) Dolce&Gabbana 公式サイト
執筆=田端あんじ (c)Pouch