「オードリー・ヘプバーン」にまつわる記事

二子玉川で「オードリーヘプバーン映画祭」が開催されるよ~! 劇場初上映となる2作品も登場します

今年2019年は、オードリー・ヘプバーン生誕90周年。アニバーサリーイヤーを記念して東京・二子玉川で開催されるのは、「オードリー・ヘプバーン映画祭」です。

期間は6月14日から16日までと短いものの、10作品11上映と内容は濃いっ!

劇場初上映となる作品もHDリマスター版で登場するらしく、映画ファンにとっても見逃せないイベントとなっています。

→ 続きを読む

オードリー・ヘプバーンをイメージしたコスメがこの春デビュー! つけまつげにアイライナーなどオードリーみたいに印象的な目元になれるよ

永遠の妖精として時代を超えて今なお愛され続ける女優、オードリー・ヘプバーン。その上品で可憐なたたずまいに、「あんなふうになりたい」と憧れる女性も多いはず。

中でも見るものをはっと惹き付けるのが、力強くまっすぐな瞳。そんな彼女の瞳をイメージしたというブランド「オードリーコレクション」がこの春デビューするんですって!

つけまつげやマスカラ、アイライナー……これを使えばオードリーみたいな印象的な目元になれるかも!

→ 続きを読む

オードリー・ヘプバーンの代表作! 「マイ・フェア・レディ」が半世紀ぶりにスクリーンによみがえる

1964年制作の米ミュージカル映画、「マイ・フェア・レディ」。オードリー・ヘプバーンの目も眩むような美しさにドキドキが止まらない同作は、誰もがその名を知っているであろう名作です。

そんな「マイ・フェア・レディ」が半世紀という時を経て、11月、日本のスクリーンによみがえることが決定。50周年アニバーサリーを記念して、最新デジタルリマスター素材でついに、映画館に登場しますよぉ~!

→ 続きを読む

【なぜやった?】『ティファニーで朝食を』のオードリー・ヘプバーン風ゾンビメイクがリアルにグロい!

映画『ティファニーで朝食を』といえば、オードリー・ヘプバーン主演の名作。黒いドレスにパールのネックレス、シガレットホルダーを手にした彼女の写真は、今見ても色あせないオシャレさ、美しさです。

それが一転して、ゾンビに変身……!? 今回YouTubeからご紹介するのは、オードリー・ヘプバーン風の女性がゾンビメイクをほどこしてゆくチュートリアル動画

たしかにメイク技術はすごいけどさ……なぜオードリーがゾンビになる必要があるのかぜんぜんわからないよ!

→ 続きを読む

『ハーパーズ バザー』特別版の表紙はオードリー・ヘプバーンの孫娘! 遺伝子ってすごいなぁ~って感心する美しさでござる

9月20日(土)、ファッション誌『ハーパーズ バザー』11月号の特別版が発売されます。表紙を飾るのは、オードリー・ヘプバーンさんの孫娘であるエマ・ファーラーさん。おばあちゃんが「永遠の妖精」と呼ばれた美女ならば、お孫さんもものすごい美人!!! 遺伝子ってすごいなぁ~、と感心せざるを得ない美しさなのです。

→ 続きを読む

【お願いしてみた 】熟練バーテンダーにハリウッド女優のイメージでカクテルを作ってもらった! 的を射過ぎて大尊敬でござる

初めて訪れたBARでポツリ。「私のイメージで何かカクテル作ってください」。

これ、バーテンダーさんが「うぜぇぇぇーーーー!」と思うセリフ第1位だそうですよ(注:記者調べ)。もちろん、なかには「腕が鳴るぜ」という優等生もいますが、大抵は「ちょっと困る」というのが正直な感想みたい。

バーテンダーFさん曰く、「んー、やっぱり会って10秒で “私のイメージ” って言われてもね。正直困っちゃうんだよ。『かしこまりました』って言いながら結局『サッパリ系がいいですか?』とか『フルーツ系がいいですか?』とか好みを探って、無難なのを出すかな」。

なるほどなるほど。ちなみに私とFさんは付き合い長いけど、私のイメージカクテ「白州だな」。さえぎったな? ていうかそれカクテルじゃないじゃん! 

一般人だとイメージできないということか! ならば有名人はどうかね! 有名人といえばハリウッドスターよね! ということで、ハリウッド女優3人のイメージカクテルを作ってもうらことに。

→ 続きを読む

驚きの3つの事実とは? 可憐なオードリー・ヘプバーンが甦る映画『マイヤーリング』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、2014年1月4日公開のオードリー・ヘプバーン主演作『マイヤーリング』です。オードリー主演作はほとんど日本公開されていたり、未公開でもDVDがリリースされていたりしていますが、唯一、幻の作品と言われていたのが『マイヤーリング』。『ローマの休日』や『昼下がりの情事』と同時期に製作された、いちばん光り輝くオードリーを見られる映画なのです。

オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフ(メル・ファーラー)は、意に沿わない結婚をさせられてしまい、不満をつのらせていました。そんなときに出逢ったのが外交官の娘で17歳のマリー(オードリー・ヘプバーン)。可憐な彼女にひとめ惚れしたルドルフ。彼女も同じ気持ちだったけれど、妻のいるルドルフとの逢瀬は簡単ではありません。そんなとき、協力してくれる人が現れ、密会を重ねる二人。しかし、それがルドルフの父親である皇帝の知るところとなり、二人の仲は引き裂かれてしまうのです……。

実はこのクラシックな悲恋映画には3つの驚きの事実があります。

→ 続きを読む

あまりのリアルさに世界が驚愕! フルCGによるオードリー・ヘプバーンの ”新しい” コマーシャルが話題

20世紀を代表する大女優の1人と言えば、オードリー・ヘプバーン。女性にグラマーさやゴージャスさが求められることが普通だった時代、その独特の気品と愛嬌で「美しさ」のスタンダードを塗り替えた、とまで言われる女性です。

今も世界中で愛され続ける、そんな彼女の ”新作” がメディアで公開され現在話題に。その作品とは、なんと「Galaxy – Audrey Hepburn」というイギリスのチョコレートのCM! しかもよくあるような、過去作品映像との合成ではなく、全く新しい彼女の姿というから驚きです。

→ 続きを読む