「コラージュ」にまつわる記事

世の中すべてを超キラキラにする美麗アート! マックポテトまでキラメかせるコラージュアーティストが素敵すぎる

世の中がキラキラするものであふれていたなら、世界はもっと美しく楽しいものになるに違いない……。

そんな思いをアートに昇華させたのが、コラージュアーティスト、サラ・シャキール(Sara Shakeel)さんの作品の数々。

動物やお菓子、風景、人間の身体、そしてそのへんにある何の変哲もないものまで、彼女の手にかかればラメやスパンコール、ダイヤモンドがきらめくキラキラな世界に! インスタグラムにアップされる彼女の作品の数々は、多くの人を魅了してやまないようです。

→ 続きを読む

誰ともカブらない…スティーヴ・ブシェミが全面にプリントされた全身タイツ! マッドな柄しか置いてないショップを発見したよ

これまでPouchでなぜだかスティーヴ・ブシェミにまつわる記事を書いている私(記者)ですが、またまたおかしすぎるブシェミグッズを発見。これ、私でなくて誰が担当するっていうんですか!!

そんな謎の使命感に燃えつつ、今回もご紹介していきたいと思います。というかこの「RageOn!」というショップ、他のアイテムを見てもまともなものが一つとしてありません。サイト全体から狂気を感じます。

→ 続きを読む

提供:パナソニック株式会社

【芸術の秋】奇跡の動物『空想動物』に出会えるサイトが美麗すぎてステキ! 思わず記者も『空想動物』を創ってみた結果

記者(私)には今、私にしか見えない動物が見える。そう、私は『となりのトトロ』のメイちゃんである。もしくは、「トトロ」や「まっくろくろすけ」を生み出した “あの人” である。

病院に行ったほうがいいって?

待ってほしい。本当にそう思っているのではなく、そういう気分になっている、という意味であって……。実は、ここだけの話、記者だけでなく読者の方々も、メイちゃんや “あの人” になれるんだ。そう、パナソニックのノートパソコン『レッツノートRZシリーズ』のサイトを見たならね。(あるいは泥酔しているならね)

ということで! めっちゃ可愛かったりカッコよかったりする、たくさんの夢の動物たちに出会えるWebサイト、それが『IMAGINATURE 【空想動物図鑑】』なのです。(以下、『空想動物図鑑』)

このサイトでは、図鑑という名前のとおり、たくさんの見たこともない夢の動物に出会うことができます。また入力した名前をもとに、図鑑で紹介されている空想動物のうち、あなたがどれに似ているかを診断する『空想動物診断』が用意されています。うーん、これは楽しい……!

で、空想動物たちに出会いメイちゃんの気分になった記者は、自分でも空想動物を作ってみて、なんとなく偉大な作り手……“あの人”の気分になったのです。そしたら! なんと! ちょっとした奇跡が! 起きたんです!!!!

その奇跡のきっかけは、『空想動物診断』でした。

→ 続きを読む

お部屋に飾ったら絶対ステキっ!! お花をモチーフにした繊細で優美な立体コラージュ

お花をモチーフにしたアートはたくさんあるけれども、こんなに繊細で優美な作品はほかにはないかもしれませんっ!!

今回ご紹介するのは、オランダの女性アーティストAnne Ten Donkelaarさんのお花を使ったコラージュのシリーズ「Flower constructions」。美しい彩りと近づくと分かる繊細さ、独特の世界観に女の子ならきっとギュッとココロをつかまれちゃいますよ。

→ 続きを読む

昔と今を時間旅行! ロンドンのGoogleストリートビュー画像に18・19世紀に描かれた風景画の同じ場所を重ね合わせてみたら…!?

世界中のいろいろな場所を360度のパノラマ画像で見ることができるGoogleストリートビュー。待ち合わせ場所の確認に、次の旅行の下調べに。皆さんもいろいろな目的で使っているかと思います。

でも、こんな使い方は初めてでは?

海外サイト「the guardian」で紹介されたのは、ハレー・ドハティさんという人が作ったコラージュ画像の数々。これ、現在のロンドンのストリートビュー画像に18世紀・19世紀の風景画を重ね合わせてみたというものなのです!

→ 続きを読む

切って貼ってコラージュするだけ! 童心に返ってDIYしたい、手持ちのトランクをノスタルジックにリメイクする方法

オシャレにこだわるならば、小物にこそ、とことんこだわりたいものですよね。しかも誰も持っていないものを持ちたい、そう思うのがファッショニスタたる者の心意気!

そこで本日ご紹介したいのが、海外サイト『Sincerely,Kinsey』に掲載されていた、手持ちのトランクをノスタルジックかつオシャレなアイテムへとリメイクする方法です。

→ 続きを読む

世界各国のお札を組み合わせてできた、寄せ集め「お札折り紙」の肖像画がなんかスゲエェ!!

我が国日本をはじめ、世界各国のお札には、その国で大成した偉人が多く描かれているものです。

本日はそのことをウマく利用した、大胆不敵にして非常にユニークなアート作品、『The Magnificent Seven』をみなさんにご覧いただきたいと思います。

→ 続きを読む

22カ国85人のファンが踊っている姿をコラージュしたPVがめちゃめちゃおもしろい!

胸躍るリズムが鳴り響く街。そこで音楽に合わせてダンスしまくっているのは、顔も手も足もバラバラに組み合わさった、一体の人間!?

動画サイト『youtube.com』で観ることのできるこちらの大変ユニークな映像は、イギリスを代表するバンドBlurのギタリストであるグレアム・コクソンのソロアルバム『A+E』からのシングル曲、『What’ll It Take』のプロモーションビデオ(以下PV)です。

踊り狂う人間の体のパーツはそれぞれ、PV制作を期に募集をして集まった、彼のファン22カ国85人の人々のもの。彼らが送ってきたダンス映像を独自にコラージュして、こちらのPVが完成したのだそうです。

→ 続きを読む

「デコ」ブームは終焉へ、これから来るのは「コラージュ」! 大人女子「フォトコラージュ講座」を取材してきたよ

女子であれば誰でも携帯電話をデコった経験があるはず! 色々な素材を立体的に貼り付け、飾り立てるのが主流でしたよね! 

ところが最近では、立体的なデコよりも、コラージュが大人女子の間で流行っているのだとか。素材は何でも良いのですが、色々なものを「切り貼り」するのがコラージュ。確かにデコとは違い、落ち着いた大人女子のニオイが感じられます。

ではどうして今、コラージュなのか? 主催元のカラルスに聞いてみました。

→ 続きを読む

巨木、そして波間をゆく魚の群れ…と思いきや、なんと無数に重なり合う人間でした!

壮大な自然の一部分を切り取ったかのような、ある写真。地中深くに根をはる巨木や、海を泳ぐ無数の魚の群れに圧倒されていると、ふと、おかしな点が。あれ? これ、よく見たら、全部人ではないですか。

このユニークな作品を撮影したのは、イタリア出身でニューヨーク在住の若きアーティスト、アンジェロ・ムスコ氏。見る者の先入観に反する作品を作ることをポリシーとしているムスコ氏は、主に自然構造を無数の人体で表現することに特化しています。 → 続きを読む

稲妻を組み合わせた写真、よーく見るとウサギがピョンピョンはねてる!

稲妻の閃光が走る数枚の写真。一見すると、ただそれだけにしか見えません。しかし写真の合わさった中央部分をよく見ると、そこにはなんと、1匹のウサギがいるではありませんか。

このコラージュ作品を製作したのは、サンフランシスコ在住のアーティスト、カサンドラ・C・ジョーンズ氏。作品づくりのために世界中のありとあらゆる写真を大量に収集し、それらを組み合わせて、彼女は世界にひとつしかない非常にユニークなコラージュを生みだすのです。 → 続きを読む

各国の窓辺が作り出す、光のコラージュに癒されたい!

夕暮れどき、家々の窓からこぼれる温かな灯りは、万国共通のもの。でもね、よく見ると国ごとにちゃんと個性が表れているのです。窓の形や光の色、写り込む景色。それらすべてが、その国で暮らす人々の生を写しだしています。

これから紹介するのは、そんな景色を集めて美しいアートに変えた作品。フランス人カメラマンのアンヌ・ロールメゾン氏が撮影しコラージュした、世界各国の窓ベの光によるコラージュです。 → 続きを読む