「ペーパークラフト」にまつわる記事

ガストの「#おうちガストペーパークラフト」の完成度が高すぎてビビる! 無料配布されていますよ

ファミリーレストランのガストが、おうち時間を楽しめるようにと特製ペーパークラフトを作成。2020年5月21日から公式サイトで配信を開始しました。

メニューや呼び出しボタンなどを作れるようになっていて、子どもだけでなく、大人の遊び心もくすぐるリアルさがたまらないんです〜!

→ 続きを読む

紙とビニールチューブだけで「クリスマスリース」が簡単に作れちゃう! 即的クリスマスの飾り付けが斬新です

ペーパークラフトのアイディアを動画でわかりやすく教えてくれるYouTubeチャンネル、「Colors Paper」が公開していたのは、クリスマスにピッタリなリースの作り方。

紙と簡単な材料だけでカラフルで可愛らしいリースを作ることができるので、ぜひ挑戦してみてほしいんです。

まず用意するのは、長さ60cm、幅5mm透明のビニールチューブと、30cm×2cmの紙1枚と、30cm×12cmの紙6枚。

→ 続きを読む

国宝「松林図屏風」の中に入れる!? 東京国立博物館で子供も大人も楽しめる展示を開催中 / ミニチュア屏風を作るペーパークラフトもあるよ

2017年7月4日から9月3日まで東京国立博物館 本館で開催される、夏休み企画「親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ」。

フィーチャーされている作品は、長谷川等伯の国宝「松林図屏風」」と尾形光琳の「群鶴図屏風」。屏風などのアート作品は通常ガラスケースの中に展示されますが、この展示では、最新鋭の映像プロジェクションで屏風の中へと入ったかのような体験ができたり、鑑賞者の動きに合わせて描かれた鶴が飛んだりと、なにもかもが躍動的!

最新テクノロジーを駆使したわくわく感満載な展示で、きっと親子で楽しめるはず。

→ 続きを読む

ちょこんと座るおサルさんが可愛い! 組み立てて遊べる「ペーパークラフト年賀状」で新年のご挨拶はいかが?

来年の干支は、申(さる)。

そろそろ年賀状が気になる時期、 “誰にも教えたくない” お気に入りが見つかるショッピングサイト「密買東京」にて販売されていたのは、ニホンザルを模した年賀状。

ちょこんと座った姿がキュートなこちらを、大切なあの人に送ってみてはいかがでしょうか。

→ 続きを読む

和牛モモ肉のローストビーフが25枚!?「肉の万世」特製の「開運おせち」が肉々しくてとってもゴージャス!

お正月の楽しみといえば、そのひとつが「おせち料理」。黒豆に昆布巻き、たつくり(ごまめ)に栗きんとん……色とりどりのお重は見ているだけでも楽しいものです。

しかし一日二日と経つうちに、だんだんと飽きてしまってこんなことを思うようになるんですよね。「豆や酢の物はもういい。それより肉が食いたい」と……。

そんな皆さんのためにぜひともご紹介したいのがコチラ。肉の万世特製の「開運おせち」! 肉を中心とした豪勢なおせち料理なんでございますっ!!

→ 続きを読む

1枚の紙から生まれるカラフルポップなスウェーデン発3Dペーパーアート

スウェーデン中部の都市、ウプサラに拠点を置き活動するアーティスト、Fideli Sundqvistさん。彼女は1枚の紙から、驚くべき3Dペーパーアート作品の数々を日々、生み出しています。

海外サイト『Design TAXI』に掲載されていたのは、カラフルでポップ、乙女のハートをギュッと掴んで離さない大変可愛らしい作品世界

→ 続きを読む

無料でダウンロードできるFOX SPORTSのペーパークラフトがスゴイ! 作成に5時間かかるけど完成度ハンパないよ!!

たまに、無性に工作をしたくなるときがあります。ハサミやカッターや木工用ボンドを使って、ひたすら集中して何かを作りたくなるのです。そう、小学生時代の「図工の時間」のように! まわりの雑音にも気付かないくらい集中していた、あの図工の時間をもう一度。

ということで、ネットで無料ダウンロードできるFOX SPORTSのペーパークラフトを軽い気持ちで作ってみました!

→ 続きを読む

グッチ公式! グッチバッグをペーパークラフトで作っちゃおう!! …もしかしたら本物ももらえちゃうかも!?

誰もが憧れるグッチのコレクション。とはいえ、値が張るものが多くてなかなか気軽には買えませんよね。だったら、グッチのアイコンバッグをペーパークラフトで作って楽しんじゃうのはどう?

実は現在、グッチのオフィシャルフェイスブックページにて「Cut&Craft」というキャンペーンを開催中。ここではニューバンブー、ジャッキー、スティラップの3種のグッチバッグのペーパーパターンをダウンロードできるうえ、素敵な作品を作った人には本物のバッグがもらえるチャンスも……!!

→ 続きを読む