「ユニバーサルデザイン」にまつわる記事

新紙幣のデザイン発表でネットが「祭り」状態に!  「万札から諭吉が消えるのか」「裏面の富嶽三十六景はかっこいい」などいろんな意見が出てます

2019年4月9日は、新紙幣の話題で持ち切りでした。

この日財務省から発表されたのは、2024年度上期を目途に発行されるという、新一万円券・五千円券・千円券。そして2021年度上期を目途に発行されるという、新五百円貨幣

新紙幣にはより高精細なすき入れや最新技術のホログラムが導入されるほか、新五百円貨幣は、大小異なる斜めの切り込みが入るといいます。

→ 続きを読む

秒針のない「さわる時計」が画期的! 視覚障害の人もそれ以外の人も使える機能性とデザイン性に世界中が注目しています

時計といえば長針と短針があってこそ。デジタル時計は別として、それ以外の時計であれば、長針と短針がどの数字の上にあるかで時間を見るのが普通です。

けれど、このたび誕生したのは秒針がない「さわる時計」。私たちは表と側面に付いた2つのボールに触れることで、時間を確認することができるのだそう。針がついていないように見えるデザインはシンプルでスタイリッシュだけど、なぜこのような腕時計が作られたのでしょうか?

そこには「視覚障害者も使える機能的でデザイン性のある時計」という視点が大きく関係していたみたい。

→ 続きを読む

東京の街をロンドンタクシーが走る! クラシカルなデザインが可愛らしい「想い出タクシー」が運行スタート!!

ちょっと丸みを帯びたクラシカルなデザインが可愛らしいロンドンタクシー。イギリスでしかお目にかかれないかと思ったら、なんと日本でも東京の街なかを走る姿が見られるようになるらしい……!?

10月上旬からスタートするのが、互助交通有限会社によるロンドンタクシーの運行。想い出タクシー」なる名前のこのタクシー、もちろん乗車することも可能! 

しかも要介護者や乳児がいる家族にもうれしい、最新のユニバーサルデザインを備えているんです。

→ 続きを読む

スパゲティーだって上手につかめる優れモノ! チョップスティックならぬ「スティックチョップ」

食事に欠かせないお箸は、私たちの生活になくてはならないものです。慣れてしまえば「便利」なんて言葉は忘れてしまうぐらい手に馴染むけれど、箸を使う機会の少ない海外には上手に使いこなせない人もいます。

そんなもどかしさを感じたのかどうかは分かりませんが、中米はニカラグアのアーティスト、ミシェル・イナさんがチョップスティック(箸)ならぬ「スティックチョップ」を開発! 箸をヒントにしたこの作品なら、箸がうまく使えない人たちにも受け入れてもらえそうです。その全貌を早速見てみましょう。

→ 続きを読む