「京極夏彦」にまつわる記事

水木しげる漫画全集から好きなページをTシャツにできるよ! 『ゲゲゲの鬼太郎』の受付は7月31日までっ

水木しげるさんの漫画作品集『水木しげる漫画大全集』が、京極夏彦さん監修で2013年から順次刊行されています。

シリーズの第3期の刊行が2017年1月にスタートしたことを記念して開催されている企画が、「水木しげる漫画大全集Tシャツ化プロジェクト」。『水木しげる漫画大全集』の中から好きなページをチョイスすれば、そのページをそのままTシャツにしてくれるのだそうで、ファンは絶対に作っとかないと損!

Tシャツにできる作品は限られていて、しかも、3カ月の期間限定の受付。そして……人気の『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズは7月31日が締め切りになってます!!

→ 続きを読む

誰でも参列できる「水木しげるサン お別れの会」が青山葬儀所で1月31日に開催されます

昨年11月30日に逝去された、漫画家の水木しげるさん。

来る1月31日(日)、東京港区南青山にある東京都青山葬儀所にて、「水木しげるサン お別れの会」が開催されることが決定。誰でも参加できるそうなので、お時間がある方は、足を運んでみるといいかも。

→ 続きを読む

京極夏彦の百鬼夜行シリーズが新たな段階へ! 登場人物・世界観はそのままに他の作家たちがオリジナル小説を続々と刊行中!!

京極夏彦さんといえば、小説家として、妖怪研究家として、アートディレクターとして幅広く活躍する知識人ですが、やはり彼を世に知らしめた代表作といえば「百鬼夜行シリーズ」でしょう。

私(記者)も今から20年近く前に、彼の『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』に魅了されて以来、新作が出るたびに読みふけったものです。

しかし2006年に『邪魅の雫(じゃみのしずく)』が出版されたのを最後に、次作はいまだ出ていません。いつかは……と待ちわびているファンも多いかと思いますが、そんな「百鬼夜行シリーズ」に超展開!

百鬼夜行シリーズの世界観や登場人物を生かしたまま、別の作家たちによって書かれたオリジナル小説が、「薔薇十字叢書」シリーズとしてこの秋から続々と刊行されているんです! しかもこれ、京極先生公認によるもの!

→ 続きを読む