「恐怖映画」にまつわる記事

日本中の霊媒師が集合する!? 話題作『来る』は人気俳優がゲスを演じる心理ホラーの怪作 / 松たか子の怪演にもご注目

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップする映画は『告白』の中島哲也監督のホラー映画『来る』(2018年12月7日公開)です。原作は第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』(澤村伊智・著/角川ホラー文庫刊)。この原作を中島ワールドに染め上げています。

しかし、怖さやサスペンスがありつつも、ちょっとクスっと笑えるところもあるという、ホラーだけではないエンタメ作品です。では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【やりすぎ】岡山トヨペットの交通事故防止動画が「ただのホラー」な件 / ゾンビや貞子みたいな動きをする人々があちこちに…!

岡山トヨペットがYouTubeに投稿した1本の動画「Dancer in the seat(ダンサーインザシート)」が、現在ネットで大人気。2018年4月5日に公開されてからわずが1週間ほどで、再生回数は23万8600回超にまで達しているんです。

主人公は、渋滞にハマったことで一気に眠気に襲われたサラリーマン男性

どうにか睡魔をやっつけようと車を止めたところ、世界は一転。ホラー映画さながらの悪夢のような光景が、目の前で次々展開されていくんです。

→ 続きを読む

「真っ先に逃げた人が、最初に死ぬ」「別行動した人は二度と帰ってこない」… 海外ホラー映画にありがちなこと36選をお届けしちゃうゾ★  6月6日は「恐怖の日」

6月6日は、恐怖の日

「今日は何の日~毎日が記念日~」のサイトによると、これは新約聖書「ヨハネの黙示録」第13章に登場する

心ある者は獸の數字を算へよ。獸の數字は人の數字にして、その數字は六百六十六なり。

という一説にちなんでいるそうで、また超有名ホラー映画『オーメン』に出てくる「666」という数字も、これが由来となっているのだそう。

ってなわけで、本日は恐怖の日にちなんで、怖がりのくせに見たがりな記者(私)が、「ホラー映画あるある」をご紹介しちゃいます! 

→ 続きを読む

ハロウィンにぴったり! でも食べるのに若干勇気いるわ~「恐怖映画のヒロインたち」を模したケーキポップだよぉ

以前当サイトでご紹介して大反響を呼んだ、切断した指のクッキー。今回はあれほどグロテスクではないけれど、「これまた食べるのには勇気いるわ~」な、ハロウィンにぴったりのお菓子を、海外サイト『evilcakes.wordpress.com』よりみなさんにご紹介いたしましょう。

芸術的なスイーツを作ることで定評のあるスイーツ・アーティストMiss Insomnia Tulipさんが製作したのは、一見食べ物に見えないほどクオリティーが高く、また同時に食べ物とわかっても食べるのを躊躇してしまうであろう、恐怖のスイーツ。

→ 続きを読む