「着回しコーデ」にまつわる記事

雑誌『CLASSY.』7月号の着回しコーデの主人公は借金返済のためウーバーイーツでバイト!? 強メンタルな内容もスゴイです

ファッション誌の人気企画といえば「1か月着回しコーデ特集」。女性ファッション誌『CLASSY.(クラッシィ)』では、彼氏が既婚者で子どもがいることが発覚したり、主食がどん兵衛という超絶貧乏女子を登場させたりと、主人公のトンデモ設定&ストーリーが気になるところ。

2019年7月号では、なんと主人公がUber Eats(ウーバーイーツ)でバイトしてたり、仮想通貨に手を出していたりと、やっぱりツッコまずにはいられないストーリーに釘付けです!

→ 続きを読む

『CLASSY.』10月号の着回しコーデは「女流棋士」だと…!「今日は初めて獲得したタイトルの防衛戦」など将棋ワード満載です

これまでにもPouchで何度かご紹介してきた、女性ファッション誌『CLASSY.(クラッシィ)』の1か月着回しコーデ企画

主食がどん兵衛という超絶貧乏女子や、彼氏が既婚者&子持ちだったと判明したドン底女子などを主人公にしたトンデモストーリーで読者を戦慄させてきましたが……2018年8月28日発売の10月号がこれまたスゴいことになっているんです。

主人公はまさかの女流棋士! えーと、将棋女子がタイトル戦を狙ってくときに参考になる着回しコーデってことでしょうか……? “読者置いてけぼりポカーン状態”には定評のある『CLASSY.』着回しコーデ企画ですが、さすがに女流棋士設定は誰ひとり予想できなかったよ!

→ 続きを読む

男性ファッション誌『OCEANS』6月号の1か月着回し企画がツッコミ不可避! 「離婚の相談に弁護士事務所に行く日のコーデ」など目が離せない!!

先日ご紹介した女性ファッション誌『CLASSY.』の1か月着回しコーデ企画。1日目から主人公の彼氏が既婚者子持ちだったことが判明するという衝撃展開でしたが、いっぽうでじゃあ男性ファッション誌はどうなのかというと……。

ツイッターなどで話題となっているのが、37.5歳からのファッション&ライフスタイルマガジンをうたう『OCEANS』。2018年4月24日に発売された6月号の1か月着回しコーデがなかなか味わい深くてまたもやツッコミ不可避となっています。

ふだんは男性ファッション誌など見ないという女性の皆さんも、この機会にちょっとのぞいてみましょう!

→ 続きを読む

『CLASSY.』5月号の着回しコーデが鬱設定すぎてツラい…と思いきや! 1か月で運命の彼を見つけて読者ポカーーン状態に

誌面の「1か月着回しコーデ」企画で主人公が妊娠してるかもと言い出したり、主食がどん兵衛という超絶貧乏女子を登場させたりと数々のトンデモ設定で読者を戦慄させてきた女性ファッション誌『CLASSY.(クラッシィ)』。もはや誌面に載っているファッションよりも、今回はどんな設定なのかというほうが気になるよ……!

現在発売中の2018年5月号もかなりのインパクト。4月1日から30日までの1か月間の着回しコーデを提案しているのですが、主人公の女性の設定がしょっぱなからツラすぎるのです。

「2日前、つき合っていた彼が既婚者で子供がいたことが判明……」ってえぇぇっ!! 「着回してる場合じゃねー!」と全読者からのツッコミが聞こえてきそうです。

→ 続きを読む

『CLASSY.』4月号の着回しコーデが過去最高に貧乏設定! 「主食はどん兵衛」「母の治療費と弟の学費」など夢も希望もない中に白馬の王子が…!?

「1カ月着回しコーデ」といえば女性ファッション誌の人気企画。さまざまな雑誌で特集が組まれていますが、『CLASSY.』は毎回いろんな意味で要注目といえます。

着回しが参考になるというのもありますが、Pouch でも紹介したことのある「主人公が『妊娠してるかも!?』と言い出すところから始まる」など、ツッコミどころ満載すぎるトンデモ設定も見逃せないポイントです。

そしてそして。現在発売中の『CLASSY.』2017年4月号でもスゴイのが来ちゃったよ! 特集「GUでトレンドお試しの3月着回しDiary」では、“主食はどん兵衛”という過去最高レベルに貧乏すぎる女子が登場。……ヤバい、着回しどうのこうの言ってる場合じゃない。

→ 続きを読む

雑誌『with』11月号の “とんでも設定” が話題だよ! 佐々木希がゾッとするほど働き者 「定時退社が続いたから休日出勤で挽回する」…だと!?

テクニックよりもその設定に目が行ってしまうことも多い、女性ファッション誌の「着回しコーデ術」の特集。これは着回している場合じゃないっ!って思っちゃう、その独創的な構成に驚かされることもしばしばです。

先日は『CLASSY.』の特集が話題になりましたが、今度は2016年9月28日発売の『with』11月号です。これまた、なかなか……いろいろと心配になっちゃうヨ!!!

→ 続きを読む