「立体アート」にまつわる記事

【ジャパンクオリティ】立体ジオラマ絵本「360°Book」はヨーロピアンテイストと日本の”かわいい”の融合 / 手がけた若手建築士にお話を伺ってみたよ!

まるでメルヘンなおとぎ話のような世界が立体的なジオラマ風になっている「360°Book」が海外で話題になっています。乙女な心にダイレクトに突き刺さるようなこのかわいさ、実ははドイツ生まれの日本人男性建築士によるものなのだ!

進化形・飛び出す絵本ともいえる「360°Book」。2012年に行われたレーザーカットのコンテスト「You Fab 2012」のFreeFab部門で優秀賞を受賞。あまりにすごすぎるので、今回はこの作品を手掛けた建築士、大野友資さんにメールでインタビューを行いました。

→ 続きを読む

登山前のイメトレ・登山成功の記念に!! 富士山を正確に再現した立体マップが発売されるよっ

山ガールデビューしたら一度は登ってみたいのが「富士山」。昨年、世界遺産に登録され、世界からも注目を集めています。そんな富士山に登った人にもこれから登る人にもぜひチェックしてほしい商品が8月25日に発売されますっ!!

それは、平成富嶽三十六景シリーズ 富士山360°立体マップ。玩具開発メーカーの謙信(東京都)と地図専門50年の地図メーカーの共同開発により、国土地理院の地図データから最新鋭の3D出力機で原型を出力した富士山の模型です。

→ 続きを読む

立体作品なのにまるで絵画! ため息が出ちゃうほど美しい繊細過ぎる立体アート

平面な写真でみると、一見絵画にみえてしまう。それが、本日ご紹介するアーティストGregory Euclideさんの作品『relief works』シリーズです。

こちらの作品は、絵画ではなくすべてが立体アート。アクリルに描かれた絵の上に、ブラックベリーやアスパラガス、野山の草やタバコの吸い殻(!)などをあしらった、非常に斬新でありながらも美しいビジュアルが印象的。

→ 続きを読む